「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワイン・アルト・アディジェ( 2 )

C.Tradition Pinot Grigio 2007 / Niedermayer

作り手を感じる『情熱的な』ワイン
c0221773_1648595.jpg
ワイン:ピノ・グリージョ 2007
ブドウ:ピノ・グリージョ 100%
作り手:ニーデルマイヤー
場所:アルト・アディジェ

アルト・アディジェはイタリア最北のワイン生産地。もちろん気候も冷涼で、標高も高い。
では、このワインは北の生産地にありがちな『繊細で薄くて酸がはっきり』か、というと
ぜんっぜんイメージが違います!

まず、なんだか『熱い』。作り手の情熱を表すかのような『濃縮感』あり。
アルト・アディジェは基本的には 線の細いワインが多い。
その中にあって、ちょっと はっと するようなパワーを感じます。

たっぷりとしたミネラルは、確かにそこにあるが、
それに負けないくらいの、甘い果実の香りもある。

白桃やりんご、いろいろなハーヴの香りが強く
ミネラルからくる塩味や白墨のようなイメージも。

酸は、どちらかというと控えめに感じますが 
しっかり奥に隠れていて、密かに全体を引き締めます。

インポーターの資料によると 『自社畑を徹底管理』と。
素直さの中に、なんともいえない 個性のようなものを感じるのは
このあたりに理由があるのでしょうか。

『この地の伝統と世界に通用する品質の両方を意識している。』そうです。
うーん、説得力があります!
[PR]
by karin_star_music | 2010-05-07 17:06 | ワイン・アルト・アディジェ

Moscato Rosa / Franz Haas 2007

魅惑の 赤のデザートワイン
c0221773_14113466.jpg

イタリア最北の地 トレンティーノ・アルト・アディジェ州の中でも 
更に北側にあるアルト・アディジェ地方。
その名も「フランツ・ハース」という生産者です。(ロックっぽい名前)

個性的なエチケット(ラベル)は一度見たら忘れられない。
ブドウがまた個性的で モスカート・ローザという
「ローズ」の香りのするブドウでできているんです!

赤のデザートワインなので 色は濃いバラ色。
グラスに注いだ時から、チェリーやブルーベリーなど果実の香りと上等の紅茶 
そして特徴的なバラの香りが・・・!
口に含むと更に広がり・・・コレは まさに媚薬です。

眠りに落ちるときにこの香りがしたら どんなに幸せか・・・

と思ってしまう魅惑的な香りと、甘いだけじゃない 程よい酸もタンニンもしっかりあって
ワインとしての完成度もかなり高い。


デザートワインながら 1本飲みきる自信があります!(笑)
[PR]
by karin_star_music | 2009-12-16 16:10 | ワイン・アルト・アディジェ