「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワイン・アブルッツォ( 1 )

Montepulciano d'Abruzzo 1994 / Valentini

c0221773_20434621.jpg
ワイン:Montepulciano d'Abruzzo
作り手:Valentini
州:アブルッツォ

ワインコラム・・・、というより 今回はワイン自慢(笑)

イタリアで、最も入手困難といわれる ワインの 一つ。
しかも 1994年ヴィンテージです!!

アブルッツォ有数の貴族である ヴァレンティーニ家が手がけるこのワインは
広大な自社畑を持ちつつも、非常にいい年にしか収穫せず、

しかも その収穫の わずか2%しか使用せず、残りは他社に 売却してしまうそうです。

つまり、ものすごーーく選び抜かれたぶどうでのみ 作られる 特殊なワインということ。
ワインを『ビジネス』にしている人には 到底できない ハナレワザですね。

そんな美術品のようなワイン。
以前『トレッビアーノ』という品種でつくられる『白』を飲んだことがあったのですが
未だに「あれを超える白はないかも・・・。」と思うほど 印象的だった この作り手なだけに

・・・期待しちゃいますねーー!!

さて、その味はというと

口に含んだ瞬間、「ガツン」とくる衝撃。
それは、『酸』というか『旨み』というか、・・・『パワー』というか・・・!

ワインのもつ力に、口の方が対応しきれなくて びっくりしたのでしょうか。 不覚!

ゆっくり口を慣らしていくと、
決して飾らない 甘くまろやかな 小さい赤い果実の香り
バニラやシナモンのような香ばしいニュアンスに
細かい粒子を感じるようなタンニン

若いパワーは まだ残しつつも、ゆったりした時の流れを感じるような
熟成した丸み。

中心に ピンクがかった赤を残し、端にかけてオレンジかがっていく色合いも
とてもきれいなワインでした。

どうして ワインって、時間と共にこんなにも 味わい深いものになるのでしょう・・・!
きっといつまでたっても 『何か』 にはたどり着けず、
いつまでも 魅了され続けて しまうんでしょうね。

だからこそ いつまでも、追い求めてしまうのですね。

なーーんて、
「ワイン好き」は ワインを飲み続ける言い訳に 困らないのがいいところ。
さて、次は どんなワインに出会えるのでしょうか!?

そういえば、今朝は 窓を開けたとたんに
金木犀の香りがしました!!

もう、そんな季節ですねー。
食べ物も、ワインも 美味しい季節の到来です♪
[PR]
by karin_star_music | 2011-10-01 21:11 | ワイン・アブルッツォ