「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

スカッコマット 4月の予定

c0221773_182342.jpg

■4月のお休み

  4月 5日(月)~4月13日(火)・・・イタリア研修旅行の為、お休みです。
  4月19日(月) ・ 4月26日(月)・・・定休日

※今月は、長期連休をいただきます。その間、電話が繋がらなくなりますので、
 連休後のご予約・お問い合わせは、お早めにお願いいたします。


■お席の状況

 4月17日(土)・・・ディナーは残席わずかです
            お時間によってはご案内できますので、お問い合わせください
              ご予約で満席となりました。ありがとうございます。 
 4月22日(木)・・・残席わずかです。
 4月24日(土)・・・19:00からのご予約はいっぱいです。
            18:00から もしくは 20:00からのご予約は、若干お受けできます。 


 ☆予告
  5月15日(土)・・・ディナーは貸切です。
  6月12日(土)・・・ランチは貸切です。 


■ご予約・お問い合わせ
 お電話にて承っております。お気軽にどうぞ!

     TEL:0283-23-4224
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-31 17:30 | 今月のお休み・イベント

自家製パンを焼く

最近 「ケータイからブログをアップする」という手段を覚えました。(今さら?)
というのも、5日から行くイタリアに「首っ丈」なシェフが、パソコンにかじりついて離れないから・・・。
日々、パソコンの争奪戦です。
(ちなみに今日はPCから。ケータイの時は、かわいいマークが タイトルの横に付くのですね。)

さてさて、最近注目の『新パン』です。
c0221773_16203475.jpg
何かというと 『きなこのパン』
ほんのり かつ しっかり、きなこの香りがします。
ちょっと「豆類」特有の甘みもあり美味。

お料理のソースを さりげなく付けたりすると、化学変化を起こし 爆発的に美味しくなることがあります。

『新パン』は、常に開発・挑戦していますが、闇に消えていくものもあれば 定番になるものもアル。
きなこパンはしばらく、スカッコマットのテーブルに並びそうです☆


面白い形のパンがあったので、おまけに。
c0221773_16254015.jpg
水牛の鼻のような形の『アンチョビパン』
アンチョビはなぜかいつも、独創的な形に仕上げられることが多い。

パンが焼ける匂いって、何でこんなにいい香りなのでしょう・・・。
うーーん、お腹が空いてしまいますね。
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-30 16:32 | スカッコマット的日常

サムゾラにサクラサク

c0221773_18183741.jpg

雨の渋谷で桜に出会う。
今日はすごーく寒いのに、東京の桜は気が早いです。
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-29 18:18 | 私的日常

おはなのなはし

今日は、冬に戻ったように寒いですね!
天気予報によると、まだ数日 寒い日がつづくようです。

ダウンジャケットがクローゼットの奥の方から出たり入ったり・・・。 ナカナカしまえません。

さてさて、きょうはスカッコマットのお花の話。
最近注目のお花が、2つ あります。

まずは1つ目。
c0221773_16132432.jpg
かわいらしいピンクのお花・・・ではなく、今回注目なのは『雲竜柳』
お花の周りに、四方八方に伸びている植物、ありますよね?
それが『雲竜柳』です。

かわいくない植物担当のスカッコマットでは、比較的常連といってもよい植物。
その名の通り、まるで雲に昇っていく竜のような形をしている 柳の仲間です。
カッコイイ名前と、特に何もしなくても「それっぽい形」になってくれる事、
また生命力も強く、気がつくと 花瓶の中で根を伸ばしている様など ひっくるめ大好きな植物ですが、

この柳が、花をつけているのです!!
c0221773_1617157.jpg
かわいい!!地味!がんばってる!
心から応援したくなる、控えめなお花。
ただ3cmくらいの緑のモコモコが、ふと肩に乗っていたりすると かなりびっくりします。

ちなみに 雲竜柳の花言葉は「素早い対応」だそうです。勉強になります。


そして2つ目のお花(?)
c0221773_16293560.jpg
『リューカデンドロン』
南アフリカ原産らしく、確かにワイルドな容貌。
亜種も多く、スカッコマットに今あるのは おそらく『リューカデンドロン・サファリサンセット』というやつ。

茎も葉も硬く、ものすごーーーーく日持ちします。(花のような部分は、分類的には葉。)
で、毎日水切りしていても ある日突然枯れ始め、褐変しつつ先端が開いてくるという不思議生物。

ちなみに、リューカデンドロンの花言葉は「物言わぬ恋」だそうです。 ・・・深い!!
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-28 16:47 | スカッコマット的日常

イタリアへ行く!

前回にひきつづき、イタリアの話題。

せっかくイタリアに行くのだから、最終日のディナーは「本家・スカッコマット」へ。

そうです!イタリアのボローニャには、シェフが2年間修行した、
その名も『Trattoria Scacco Matto (トラットリア・スカッコマット)』があるのです!

日本に帰ってきたシェフが お店を出す時に
「スカッコマットという名前をつけたまへ。」と、本家スカッコマットのシェフからお許しが。

こうして無事 『暖簾分け』と、あいなったわけです。

ボローニャはイタリアのエミリア・ロマーニャ州にあり、「美食の町」として有名。
ヨーロッパ最古の大学 「ボローニャ大学」があることでも、知られています。
ちなみに日本の板橋区と姉妹都市。

c0221773_2253044.jpg
中世の町並みが残るボローニャ。
右を見ても、左を見ても、家も塔も教会も大聖堂も宮殿もナンモカンモ 茶色。

そんな町で『本家・スカッコマット』は、先鋭的なイタリア料理を生み出し、
やや変わり者の知的な人々が、日夜集っているようです。

シェフの マーリオは2児の父。非常に情熱的な人だそうで、
「隣にいると、噛み付かれそう。」と、うちのシェフ談。

お店のHPはこちらに。

HPの 「MAPPA」=マップ のところ 必見です。
これで分かるかっ!

何となく男臭い店ですよね~~。
うちのシェフが2年もいたのも、何となくうなずける・・・。

ちなみに日本からのお土産は、何がいいかと聞いたら
「包丁。」 とのこと。

名前を入れてあげようと思ったのですが、なんと3文字までしか入れられないらしく、

「Mario じゃ5文字だなぁ~。 そうか 『マリオ』 にしよう!!」
というわけで、カタカナで『マリオ』と入った包丁がお土産になりました。

てでって ててーててー♪

と、スーパーマリオの音楽が頭に流れたのは、私だけじゃないと思います。
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-27 23:04 | スカッコマット的日常

あの娘に夢中!

スカッコマットメンバーは、基本的に勉強好き。

セコンド君は、(特に新メニューを開発する月末には)
デザートの絵がたくさん載っている 絵本に見入り 頭を抱え、

私は 暇さえあれば ワインの本などを ちらりとやり、
「ニワニハニワニワトリガイル・・・。」などど、カタカナの群れと格闘。

シェフは・・・というと、最近めっきり、『あの娘』に夢中なのです!
寝ても醒めても、頭の中は『あの娘』でいっぱい・・・・。
『あの娘』の事を考えると、胸は高鳴り、頬はほてり、お腹がぐぅ~と・・・。

そう、『あの娘』とは、『イタリア』の事!!

4月5日の出国なので、もう10日も無いのですね!

先日も、なにやら熱心に勉強をしていると思ったら、
c0221773_16144295.jpg
見ていた本は、イタリアのレストラン情報本。
c0221773_16151892.jpg


「うーん、どこでビステッカ(ビーフステーキ)を食べるか、それが問題だ・・・!」と、ハムレット調に。

今回は1週間しかないので、町遊び・美術館・郷土料理を食べつくす旅行になりそうです。
私も イタリアのガイドブックなどを見やり、お腹がぐぅ~っとなるのでした!


※4月5日(月)~4月13日(火)はお休みをいただいて、スタッフみんなで イタリア研修旅行に行って参ります!!「お土産なども買ってこられたら・・・。」と思っておりますので、楽しみになさっていてください☆
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-26 16:22 | スカッコマット的日常

Cornalin 2008 / Institut Aguricole Regional

最高標高の地より マニアックワイン
c0221773_16474928.jpgc0221773_16485372.jpg左の写真が 表ラベル
右に写真が 裏ラベルです。

ワイン: コルナリン 2008
ブドウ: コルナリン 100%
生産者: アンスティトゥ・アグリコレ・レジョナル
場所: ヴァッレ・ダオスタ

うーん、マニア心をくすぐるワインです。

まず、ブドウ品種の「コルナリン」・・・。 初めて聞きました!
何でしょう。「コルナリン」って。 まるで化学物資のような名前です。
イタリアには、星の数ほど『地場品種』がありますが、これもその一つ。

未知の地場品種。情報も経験もナシ。
だから、飲んで見なければ 分からない!
そう、飲んでみればいいのです!!

グラスに注ぐと、少しピンクがかった赤で、自然派っぽい「濁り感」が、やや見て取れます。
そして香りは・・・・

これまた初めて出会った香り!
白ワインを思わせる エーデルワイスや洋ナシの香り。
そこに、スミレや かわいらしいさくらんぼジャム。

口に含むと、香りの印象より ドライでしっかりしています。
冷涼な森の土のイメージに 後味には赤いリンゴの余韻が続きます。
体にストレス無く入ってくる 自然な味わい。

そして、裏ラベルを見てびっくり!
アルコールが14.5%もあるのです。北の産地では驚異的な数字。 

でも、果実味がしっかりとしているので、アルコールを感じず すいすい飲んでしまいます・・・。
(え?どんなワインでも、飲んじゃうんだろうって?? いやいや そうでもないのヨ。)

いいですねぇ。
初めてのワインとの出会いは、とてもわくわくします☆
新しい品種・新しい生産者との出会いも、ワインの楽しみのひとつ!

ヴァッレ・ダオスタ州は、イタリアの左上の隅っこ。

フランスとスイスの国境沿いの州で、アルプス山麓に位置し、
ワイン生産地としては、ヨーロッパで最も標高が高いと言われています。

「コルナリン」というブドウ品種も、フランスやスイスでも見られるそうで
比較的『リッチ』な赤ワインを作る品種とか・・・。

というわりには、やっぱり手作り感のある、かわいらしさがあるのは
この作り手の個性なのでしょうか??

なんにせよ、また1つ、いいワインに出会ってしまったのです!!
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-25 17:17 | ワイン・ヴァッレ・ダオスタ

チンタセネーゼのサラミ

c0221773_1510440.jpg

この なにやら白くて長いもの。 なにかというと・・・?
はるばる イタリアからやって来た、チンタセネーゼという豚のサラミでした。

チンタセネーゼは、チンタ=ベルト セネーゼ=シエナ風の名の通り、
腕の辺りがベルトのように白い、シエナの名産・おいしい豚です。

顔はブサイクでかわいいタイプ。

このサラミに かわいい札がついていました!
c0221773_1510438.jpg

豚の顔と、フォーク・ナイフ(ちょっと見づらいですが、一番左のマーク)はOK。
ただし洗濯とアイロンはダメ。

これのおかげで、酔った勢いで うっかり 洗濯せずにすみそうです。
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-24 15:10 | スカッコマット的日常

パリパリのシュークリーム: スフォリアテッラ (sfogliatella)

シュークリームといえば “パリパリ派” と “ふわふわ派” の2大勢力が、
お互い 戦いと講和を繰り返しながら、競い合っていますが、
イタリアには ちょっと変わった形のシュークリーム(?)があります。

その中でも、今回ご紹介するのは 『スフォリアテッラ(sfogliatella)』 という、ナポリの伝統菓子。
見た目は貝殻のような、ヒダのある 独特の形。
c0221773_15364449.jpg
Wikipediaによると、この名前には イタリア語で「ひだを何枚にも重ねた」 という意味があるそうです。

この皮・・・・作り方が、かなり複雑。 そしてかなり難しいそうです。

まずはパイ生地を薄く伸ばし、くるくるっと巻いていきます。
棒状になったものを輪切りにして・・・。
c0221773_15413093.jpg

さらに、麺棒で伸ばす!
c0221773_1542235.jpg

これを2つ折りにして、
c0221773_15441050.jpg

オーヴンで焼き上げると 無事完成。
c0221773_15442138.jpg

ただ、この「あんばい」が、とっても難しいらしい。
厨房スタッフ かなり、試行錯誤しておりました・・・!

出来上がりは、パリパリとした食感の楽しい 固めの皮になります。

ここに、今回はカスタードクリームを詰める。
アーモンドクリームやリコッタチーズ、
はたまた オレンジピールなどを入れて作った 餡を入れて焼いても 非常においしい!

コースの最後に食べるので、スカッコマットでは 幾分軽めに。
でも、本場ものは 皮にラードを使うので、けっこうガッツリ 脂っぽかったりする。

でも、伝統菓子ってのは、なんだか楽しいですよね♪
それぞれの地方のアイデアと 手間を惜しまない愛情が詰まっているのです!

スカッコマットの場合だと、ドルチェ担当・セコンド君の愛情が、
シュー皮のひだひだの隅っ々にまで詰まっているって事です。

え?急に胃もたれ??
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-23 16:01 | スカッコマット的日常

都会的イベント

c0221773_18311018.jpg

c0221773_1831102.jpg

青山の国際連合大学前広場にて、
食をテーマにした、グリーン系イベントに遭遇!

都会はこういうイベントがさかんです。

出店ブースには、有機栽培の果物やお米、ジャムや天然酵母パンがずらり。

天気の良い昼下がり、、、
出店で 買ったごはんを 外で食べるのも気分がイイものです。

イナカとトカイの交錯。
[PR]
by karin_star_music | 2010-03-22 18:31 | 私的日常