スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日本ワイン・シャトールミエール

山梨県笛吹市にある 『シャトー・ルミエール』さんに 行ってきました。
c0221773_1354188.jpg

c0221773_13642100.jpg

大きな通りから 少し奥まったところにある モダンな建物。
細い道を ずずずいっと入って行って・・・、
道路を挟んで 向いが駐車場になっているので 細い道ですが 勇気を持って進みましょう。

More
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-29 14:49 | ワイン・日本

初!ポルチーニ茸 入荷しました。

c0221773_1884824.jpg
今年初めての  『イタリア産 ポルチーニ』 が 入荷しました。

はやーーーい!

今日は 「まさに夏だな。」 という陽気。
「今年は暑いのかな~。」 などと、ぼんやり考えていたのに

ポルチーニとは・・・。


やっぱり『キノコ』なだけに、秋のイメージが強いですが
意外と早く 出回るのです。
油断してました。


日本では よく『乾燥ポルチーニ』なるものが 大きな顔をしていますが、
イタリアでは フレッシュで食べるのが 当たり前。

むぎゅっ とした食感と、じゅわっ と出てくる旨みが イイのよね~。

どんな調理法で出てくるのか 楽しみですね♪


そういえば 全く余談ですが、
いつもは お店で着ている白いシャツで 家からやってくる私。
今日は暑いので 今年初の 「私服出勤」。

さらっとした綿のシャツ。 海老茶色に エスニック調の柄の入ったもの。
が、しかし 普段使っているバックは 黒地に白の ダルメシアン柄。 

何の気なしに持ってしまって  ・・・ん?
自然界なら、「毒があるから近づくな」 という 警告かと思うような様相に。

「これらは、こんなところも気を付けなきゃなーー。」と思った 夏日の今日でした。
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-26 17:07 | スカッコマット的日常

Volpe Rosa 2010 / Cantina Giardino

■やっぱりすごかった!!カンティーナ・ジャルディーノ
c0221773_1922745.jpgc0221773_19221757.jpgワイン:ヴォルペ・ローザ 
作り手:カンティーナ・ジャルディーノ
ブドウ:コーダ・ディ・ヴォルペ・ロッサ(Coda di volpe rossa 狐のしっぽという意味)
場所:カンパーニャ

近年、話題を集めている作り手 『カンティーナ・ジャルディーノ Cantina Giardino』
最近は もはや 定番。 その実力に 『疑いナシ!』との評判ですが、

実は私、ずっと苦手意識があったのです。

なんというか 『強すぎる』というか、『個性的』には違いないのですが
こう リラックスできるような 委ねられる感じがしなくて、
世の好評価の割には 敬遠していたのですが・・・・、

久しぶりに この作り手のワイン 『ヴォルペ・ロッサ』を飲んで 開眼!!

いやいや、心にしみるような 美味しさです。

色は少しくすんだ ピンクがかった赤。
シロップのような甘ーい香り、小さなバラや 桃、洋ナシに ミネラルのニュアンス。

口当たりは するりと スムーズで、透明感のある印象ですが

そのあとで ぐぐっと 複雑さと果実感。 はっきりとした酸が印象的で
最後に 再び リンゴのような美味しさが残ります。

体にすっと入ってきて どんどん飲んでしまうワインでした。



その直後、同じ作り手の 『ガイア Gaia 2007』というワインを飲んでみて またびっくり!!
おいしいーー!

こちらは すごくパワフルなワインなのですが
まったく押しつけがましくなくて じっくりと飲ませるタイプ。

以前飲んだ時には、正直 「・・・、うーーん、よくわかんないなー。」という感想だったのですが
こんなに美味しくなるとは! ワインは 本当に 時間で変わりますよねー。

そこにワインの面白さアリ、奥深さアリ。


今まで なんとなく 遠ざかっていてごめんなさい。
これからは どんどん飲むぞ!(あれ?違うか。)


作り手の詳しい情報が インポーターの ヴィナイオータ・太田社長のブログに載ってました。
こちら

オータさんと私、実は同じ大学出身。勝手に親近感を感じます。

それにしても この精力的な 活動、・・・すごい!
そして、見つけてくる生産者も ・・・すごい!!

色々な作り手、そして 色々な生産方法を経たワインがあります。
その中で 『美味しい!』と思ったものばかりが
だんだん揃ってきてしまった スカッコマットの ワイン。

ある意味 わがままかな? とも 思いつつ
「美味しいと思えないものは すすめたくない。」という気持ちに引っ張られ・・・、

自然の法則、科学の原理。

料理もワインも、私たちらしく 「あるように ある」 
スカッコマットになってきているのかもしれません。

それが みなさんの、感性に合えば幸いです。


あれ?今回は なんだかカッコイイこと 言っちゃったぞ!
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-22 19:36 | ワイン・カンパーニャ

自家農園便り

急に 夏のような陽気になりました!
畑は季節を移す 鏡のようで、  気温の上昇と共に 成長速度も加速しております。

c0221773_1443410.jpg
植え付けの時から紹介している 『ジャガイモ』は、現在 こんな感じ。
青々とした葉が茂り たくましい様相になってきました。

c0221773_14142254.jpg
葉っぱの上に テントウムシ発見!
そんな季節に なったんだなー。

c0221773_1455674.jpg
にょきにょき伸びる 『アスパラガス』
大分 太いものも 収穫できるようになりました。

採れたてのアスパラガスは、本当に甘くて 美味しいんだ~~・・・。

今年は 新しい株も植えつけました。
こちらは 収穫できるのは 3年後から。
がんばれ!

c0221773_14153052.jpg

畑はあちこち 花盛り。
食べてもおいしい 『ズッキーニ』

c0221773_14155317.jpg
紫が美しい 『ナス』

c0221773_14162293.jpg
可憐な姿の 『きゅうり』の花。

c0221773_14164685.jpg
畑に開いた穴は・・・ モグラの痕跡。

朝の畑は 結構動物の足跡などもあり ワイルドなのです。

c0221773_1418015.jpg
さあさあ いっぱい光合成をして
美味しいお野菜 お願いしますねー!


自家農園は 無農薬有機栽培。
今日も 美味しい 新鮮野菜を、スカッコマットに届けてくれます。
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-17 11:50 | 自家農園便り

中勢以(なかせい)熟成 ‘南の島豚’

『熟成肉』の専門店 『中勢以(なかせい)』さんの
4か月熟成 南の島豚が 入荷しております!
c0221773_12283877.jpg
玉川田園調布の住宅街に店を構える 中勢以さん。
パッと見には お肉屋さんには見えない 瀟洒な建物。
c0221773_1238501.jpg
入口も こんな感じです。

中は、壁一面につくられた冷蔵庫のショーケースに 整然とお肉が並び、
薄暗い照明の中 まるで 美術品のような 特別感。

こだわりぬいたお肉に、自家製のベーコンやソーセージ、豚肉のパテなど・・・。

で、さまざまな交渉を経て 入荷した豚がこちら。
c0221773_12505680.jpg
今まで熟成は不可能と言われていた豚肉ですが
九州のこだわり養豚家が育てた『南の島豚』を
中勢以さんが じっくり熟成。
c0221773_12531449.jpg
水分は抜け、周りにはカビも・・・。
もはや 豚肉・・・というよりも 生ハムの感じすら漂う。
c0221773_12594930.jpg
ついつい あちこちから撮ってしまった。

堂々たる 存在感です。

部位は肩ロース。
しっかり入った脂から じゅわーー っと旨みが出てきて、
「脂が甘い」とは このこと。

バターのような美味しさがあり、かなり危険です。

肉の凝縮感もすごい!
複雑な風味で 口の中が飽和状態。

少ない経験ながら いろいろなお肉を食べてきましたが
『熟成の技』・・・・  御見それしました。


中勢以の 南の島豚・・・、厨房で焼いていると いい匂いがするんですよねー。
「いいなー。」と 横目で見てしまうのは 人情ってもんです!!
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-15 11:20 | スカッコマット的日常

ドキドキする

c0221773_17494491.jpg

嵐のような低気圧が去った後、一気に初夏の空気になりました!

こうして、劇的に、物事は変化していくんですね。

天気の変わり目、季節の変わり目、昼から夜への変わり目。

今日の空は、なんだかドキドキします。
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-04 17:49

2012年 5月のディナーメニュー

■2012年 5月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・鮮魚のカルパッチョ 自家農園のサラダを添えて
・タケノコのパンナコッタ ウニを添えて 木の芽の香り 
・アスパラガとジャガイモのサラダ 半熟卵とケイパー
・水牛のモッツァレッラと兵藤さんのトマト
 →水牛のモッツァレッラを ブッラティーナに+900円で変更できます。
・ノルチャ産生ハムと、猪の生ハム(自家製)などの盛り合わせ
 各 1,200円

・最高傑作の生ハム ’クラテッロ’ 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・シンプルなトマトソースのカヴァテッリ ペコリーノロマーノ
・唐辛子を練り込んだクルチネッリ アンチョビと葉タマネギ
・インゲンとジャガイモのコルツェッティ(SCACCOMATTO) バジルの風味
・カムット小麦のスパゲッティ チンタセネーゼのグアンチャーレ マリチャの胡椒
・ホロホロ鳥を詰めたトルテッリーニ 白インゲン豆のピュレ
 各 1,600円



~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・短角仔牛の爽やかな煮込み ‘クレモラータ’
・フランス産鴨胸肉のサラダ仕立て パプリカと唐辛子のソース
・イベリコ豚肩ロースのグリル
  各 2,100円

・土佐のあか牛ランプ肉のロースト
 (コースの場合は+1,000円)   3,300円

・中勢以熟成 '南の島豚’
 (コースの場合は+1,400円)  3,600円



~デザート Dolci~

・ヨーグルトのセミフレッド キウイフルーツ マラスキーノのジュレ
・リコッタのムース グレープフルーツとオリーヴオイルのソース
・'ボネ’ アマレットとスポンジが入った 濃厚チョコレートプリン
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします。


※料金はすべて税込みです。また、仕入れの都合により、
 メニューが突然変更になることがあります。
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-03 15:25 | ディナーメニュー

2012年 5月の予定

c0221773_1917335.jpg

■お休みのご案内
5月1日(火)
5月7日(月)・8日(火)
5月14日(月)
5月21日(月)
5月27日(月)

月曜定休。

上記以外にも、お休みをいただく場合がございますので、
お電話でのお問い合わせ・ご予約を お勧めしております。

TEL:0283-23-4224

写真は スカッコマット名物。
シェフが修行していた ボローニャの名物パスタ 『トルテッリーニ』。

中に 詰め物をして この大きさ!!

日々 こつこつ 作っております!
[PR]
by karin_star_music | 2012-05-02 19:17 | 今月のお休み・イベント