「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自家農園便り 2012年6月

降るぞ、降るぞと言いながら、なんだかんだ いいお天気が続きますね。
今日も お日様 ピカピカ!

畑はすっかり 『夏休みのおばあちゃんち』 を思わせる、
ノスタルジックな感じになっております。
c0221773_18191537.jpg
夏の日差しを浴びた きゅうりのトンネル。
c0221773_18195149.jpg
こーんなかわいい 子供のきゅうりが。
ウリ科は どんどん大きくなるので、朝晩のパトロールが欠かせません。

c0221773_18211677.jpg
王子様のように カールしたガクがかわいいナス。
マリーゴールドと植えるのが ウチ流です(笑)

c0221773_18224882.jpg
こちらはオクラ。まだまだ小さいですが、すでに なんとなく異国風。
食べるのは大好きなんですが、イガイガして 収穫は 大変なんだー。

c0221773_18235892.jpg
鈴なりのトマトも もうすぐ 赤ーく色づいて、
ますます かわいくなるんだろうなー♪

c0221773_18252524.jpg
黄色に輝く ズッキーニのお花。
お花の中に 詰め物をするお料理は 見た目もかわいく ごちそう感満点!

c0221773_1826393.jpg
もっさ もっさ と茂るのは 小さいときからレポートしていた ジャガイモです。

インカのめざめと キタアカリは 収穫済み!
残すは レッドムーン。

新ジャガも もちろん美味しいですが、
収穫して 置いておくと、水分が抜けて より濃厚な味わいに。

たーのしーみだなー!

c0221773_1828810.jpg

そして 夏といえばこれ! トウモロコシ!
採れたてほど美味しいトウモロコシ。  採ってすぐは 絶品です。

朝 収穫した野菜が お店に登場するスカッコマット。
自家農園って・・・・・・、贅沢ですね!!

しかも うちの畑は 10年以上有機栽培を続けています。
土も ふかふか。

もちろん手間はかかりますが、やっぱり 丁寧に育てた野菜は
まったくもって 美味しいのです。

畑をみてくれている両親。いつも 本当に ありがとう。

c0221773_1830289.jpg
前回のブログで紹介した アーティチョーク。
盛りを過ぎると こんな姿になります。

完全に 乾燥帯か 熱帯か、というビジュアルですが
いやいや 温帯。 うちの畑に生えています。

余談ですが、中学の時。 ケッペンの気候区分を習った折に、

「将来は ぜったいに 地中海性気候のところに 住むんだ!」と、子供心に 思った記憶が。

それが 『日本一 暑い街』を 競っている、
某市や 某市の 近くに住むことになるとは・・・。

気分だけは『イタリア』で、 地中海の風を イメージしながら 生活したいと思います。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-29 18:45 | 自家農園便り

梅雨の合間の…

c0221773_18164666.jpg

c0221773_18164697.jpg

今日は、梅雨の合間の 貴重な晴れでしたね。

昼は、1歳5ヶ月の息子と近所の幼稚園に、リズム体操をしに。
園庭には、プールが出ていました!

子供たちの元気な声に、心も晴れマークでした。


畑もすっかり緑が濃く、夏模様。
アーティチョークも大きくなってきましたよ〜〜♪


明日はまた雨で、涼しくなるとの事。
皆さん、体調には気を付けてくださいね。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-15 18:16

グリッシーニを焼く

スカッコマットのパンは、すべて自家製。
毎朝、数種類のパンを焼いていますが、

ディナーで、パンと共にさりげなく出されている『グリッシーニ』も、もちろん自家製。
地味ーー なんですが、いい味をだしているカレ。

制作現場に居合わせたので、さっそくレポートです。

グリッシーニ用の生地を伸ばしまして
カッターで カット!
c0221773_17544145.jpg

更にカットして 細長い形にしていきます。
c0221773_17573083.jpg


c0221773_17583558.jpg
天板に乗せるときに、ちょっとカールさせて・・・

オーヴンで焼けばできあがり。

あれ??結構 ナンテ事ない感じ?

いやいや、これを継続するのが 大変なんです。


そういえばイタリアこぼれ話。

最近イタリアでも 健康→ダイエットブーム。
「パンを食べると太るから。」と、 パンの代わりに
グリッシーニを大量に食べる人が 続出しているという噂。

イヤイヤ、変わらないから!
しかも 大量に食べちゃダメだから!

というか、レストランに来たときは ダイエットの事は忘れましょう。
私も美味しいものが好きなので、まったくダイエットは はかどりません。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-10 18:09 | スカッコマット的日常

2012年6月の予定

c0221773_1912132.jpg
■お休みのご案内
6月4日(月)
6月11日(月)
6月18日(月)
6月25日(月)

月曜定休。

上記以外にも、お休みをいただく場合がございますので、
ご来店の前に お電話にて、お問い合わせ・ご予約を お願いたします。

TEL : 0283-23-4224

今日は真夏のようでしたが、いよいよ入梅の気配。
じめじめした 嫌な季節ですが、恵みの雨と思えば・・・・。

湿度の高い日には、・・・・すっきり ピリッとした白ワインを
ぐぐっと 冷やして飲むと美味しい!
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-08 19:17 | スカッコマット的日常

マッシモさんの生ハム

c0221773_1244264.jpg
久しく定番となっていた、イタリア・ノルチャ産の生ハム。
ウンブリア州で生産され、熟成するときにバルサミコを塗って 熟成させるという品でしたが、

このたび リニューアル。
パルマ産の生ハムに 切り替えです!

というのも イタリア最高傑作の生ハム 『クラテッロ』(当店でも お出ししていますね。)の作り手として有名な 『マッシモ・スピカローリ』氏の 手がけた生ハムが 入荷できたのです。

日本では 入手困難と言われていますが
こういうのは タイミング。 何かの巡り会わせというモノですね。

断面の きれいな色!
むっちりとして 『肉感』の強い生ハムです。

スライスして 口に入れてみると
・・・フレッシュ!!甘い! そして 脂が とろりと まろやかです。

自然放牧で、通常の1.5倍の大きさまで 育てられた豚は、
12か月の熟成の後、ジベッロ(クラテッロの産地)にある マッシモさんの蔵で
さらに15か月熟成させます。

マッシモさんの蔵は、クラテッロ仕様。 もちろん床には赤ワインが撒いてあります。
贅沢!!

こんな生ハムを 『普段使い』してしまうなんて・・・・
スカッコマット ・・・・贅沢!!

いつもの 生ハム盛り合わせに 登場しておりますので、
よろしかったら ご賞味くださいマセ。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-02 14:43 | スカッコマット的日常

今年もカエルがやってきた!

今年もこの季節がやってきた!
梅雨の気配を感じるこの頃。 フランス産の 『カエル』 が 6月のメニューに載りました。
c0221773_1902911.jpg
『カエル食』 (日食のような表現だな。)
日本でも、割と一般的になってきましたよね?(そうでもないか。)

西洋の料理や、中華系の料理では 割と気軽に使用される 『カエル肉』。
味は 予想をはるかに超えて 癖がなく、
よく日本では「鶏肉のようだ。」と言われますが、

ヨーロッパでは 「ウサギのようだ。」とも、
少し魚のイメージもあるので、「エビのようだ。」とも言われます。


そんなわけで 中にエビを詰めまして、
写真左上のように チューリップの形にしたものを 
自家農園のレタスのリゾットに添えてお出しします。

季節柄も手伝って、ミディアムくらいの白ワイン。
ハーブっぽい香りと 柑橘の清涼感のあるものが 飲みたい気分。

ビターな 自然派の泡とかもいいな~~。
(飲みたいだけか!?)

「料理 対 ワイン」の構図に、ついでに天気や気温・湿度の要素も加わって
「脳内マリアージュシュミレーション」 通称 「妄想」は
ナカナカ終わりが 見えません。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-01 19:20 | スカッコマット的日常

2012年 6月のディナーメニュー

■2012年 6月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・鮮魚のカルパッチョ 自家農園のサラダを添えて
・真アジとズッキーニのマリネ オレンジとプチトマト
・ソラマメとコンソメのゼリー寄せ ペコリーノのヴェッルタータ
・水牛のモッツァレッラと兵藤さんのトマト
 →水牛のモッツァレッラを ブッラティーナに+900円で変更できます。
・パルマのマッシモさんの生ハムと、自家製サラミなどの盛り合わせ
 各 1,200円

・最高傑作の生ハム ’クラテッロ’ 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・シンプルなトマトソースのカヴァテッリ ペコリーノロマーノ
・浜名湖産アサリとカラスミのリングイーネ
・黒ゴマを練り込んだシャラテッリ 真ダコとインゲンのソース
 ンドゥヤの辛味を効かせて
・レタスのリゾット バジルの香り 海老を詰めたカエルのモモ肉
・短角仔牛とグリーンピースのトゥベッティ
 各 1,600円

・イタリア産フレッシュポルチーニのタリアテッレ
 (コースの場合は+600円) 2,400円



~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・ホロホロ鳥モモ肉 サラミなどを使ったレモン風味のソース レンズマメ添え
・イベリコ豚とキャベツの煮込み タレッジョチーズのソース
・北海道産仔羊(サフォーク種) ウデ肉のロースト
  各 2,100円

・土佐のあか牛ランプ肉のロースト
 (コースの場合は+1,000円)   3,300円

・チンタセネーゼ仔豚(皮付き) のロースト
 (コースの場合は+1,000円) 3,300円




~デザート Dolci~

・オレンジのムース セロリの香りのスープ仕立て カンパリの泡
・カラメリゼしたバナナのテリーヌ カカオ風味のワッフルとカルダモンのジェラート
・'マリーア・ストゥアルダ’ サクランボを挟んだ焼き菓子 シナモンのジェラート 
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします。
[PR]
by karin_star_music | 2012-06-01 18:49 | ディナーメニュー