「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自家製パンを焼く ~玉ねぎパン~

c0221773_146179.jpg
日々、パンを焼いているスカッコマット。
毎日 数種類のパンを焼いていますが、今日ご紹介するのは 『玉ねぎパン』。

定番じゃーん!と思った方、よーくご覧ください。
c0221773_1482059.jpg
あれ?いつもより ふっくらしていませんか?
c0221773_1484479.jpg
中にも 気泡の痕跡が・・・。

実は いつもより水を多めにして焼くスタイル。
こうすると モチモチしたパンに仕上がるのです。

噛みしめるほどに出てくる 小麦の味わいと玉ねぎの甘み。
うーーん、美味なり。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-29 14:16 | スカッコマット的日常

Grappa 'Papa Marcel' Genepy / La Valdotaine

■おいしい!自然派グラッパ
c0221773_1852486.jpg
そもそも『グラッパ』とは なんぞや?という方も 多いかもしれません。
グラッパは イタリアの蒸留酒で、主に食後に ぐいっとやる
強くて からーい お酒です。

ワインを作った後の搾りかすを 発酵させたものを蒸留します。
イタリアらしく 作り方はいろいろ。

樽で熟成させる人もいれば しない人もいる。
工業的なものもあれば、手作り感あふれるものもあります。

で、今回ご紹介するグラッパは、まさに後者。
『La Valdotaine(ラ・ヴァルトタイネ)』という作り手で、なんと 1947年創業。
この地方を代表するハムや、シードルという リンゴを使ったお酒なども手掛けている生産者です。

もともと、地元のバールに出していたグラッパ。
「美味しい!」という評判になり、商品として 出すことになったそうです。
c0221773_1923427.jpg
そのためか、なんというか 『やさしい』印象のグラッパ。
「強くて からーい」グラッパのイメージとは 少し違います。

漬けこんであるハーブは 『Genepy(ジェネピー)』という ニガヨモギの一種。
自然に自生したものを摘んできて、ボトルに手作業で入れ
そこにグラッパを注ぎいれ 全行程が終了!
なんとも 単純 明快です。

c0221773_19184178.jpg
時間と共に ゆっくりと その成分や色素が抽出され・・・

グラッパなのに 丸いイメージをもった仕上がりに なるんでしょうねー・・・。


とはいえ、グラッパはグラッパ。ジェネピーの薬効も加わって
食後の体に くいっと一杯。 イタリアン食べたぞ!という気分が 高まりますよ。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-22 19:18 | ワイン・ヴァッレ・ダオスタ

夕やけの ちょっと手前

c0221773_18354451.jpg
いつの間にか すっかり秋の色。
空には トンボが 気持ちよさそうに 飛んでいました。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-21 18:36 | スカッコマット的日常

手打ちパスタ ~ストロッツァプレーティ~

c0221773_12415994.jpg
本日は、今月のパスタで、ナンバーワン 舌をかみそうな名前のパスタ 『ストロッツァプレーティ』のご紹介です。

といっても、当店でよく作る 『フェッリッツォーリ』と 実は同じ。
地域によって 名前が違うというのは イタリアでは よくある話です。

例え同じだとしても、「だって うちでは 昔から、こう呼んでたんだもんねー。」と、
決して曲げないのが イタリア人らしさ。
だからこそ、地域ごとの個性や 伝統が、残っているんですもんね。

ちなみに『ストロッツァプレーティ』は、中部での呼び名。
エミリア・ロマーニャのあたりが 発祥(?)のようです。

セモリナ粉とオリーブオイルだけの シンプルなパスタ生地を
平たく伸ばした後、細長く切って 一本ずつ 手で くるくるっと巻きます。

本来は、細長い針金に巻きつけて この形をつくります。
「お坊さんの首をしめる」 という意味の名前が付いているのは
この当たりに 由来しているのでしょうか??

今月は、マルケのあたりを意識して
サンマとフェンネルに 唐辛子でぴりりと どうぞ。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-15 12:59 | スカッコマット的日常

肉を切る。

c0221773_18503722.jpg
「どうだ。」とばかりに 切っているのは、北海道産の仔羊です。

この きれいなピンク色! 華奢な肋骨!!

うーーーん。いいですねーーー。


羊は臭いと思っている方も いらっしゃるかもしれませんが、
これを食べたら、きっと 概念が 変わると思います。

羊って・・・おいしい!!
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-14 18:52 | スカッコマット的日常

これ、なーんだ?

c0221773_21593227.jpg
本日は、いきなり 雑然とした 納屋の写真で 申し訳ありません。
そして いきなり 質問です。

「この 植物は 一体 何でしょうか。」

ヒント。
背の高さは 2m弱。

c0221773_2221723.jpg
少し寄ってみると、幾何学的な構造の実が、縦に並んでついています。

c0221773_2262584.jpg
おお!こちらは 大分 乾燥して、実が割れてきていますね~。

c0221773_2262125.jpg
それを 割ってみると・・・・・
中からは 小さい黒い粒が・・・・!!

そう、答えは 『ゴマ』でした。

今年は、「友達から 苗をもらったからーーー。」と言って、畑の隅に 両親が植えていたゴマ。
あれよ あれよと大きくなり、「あー、なんか 花が咲いているなーー。」と思っているうちに
あれよ あれよと 実が生って、収穫と 相成りました。

あまり手もかからず 大きくなる『ゴマ』ですが、
栄養価も高く あの クレオパトラも食べていたという 噂もある 優良食材。
自家農園のものは どんな味なのか?? 楽しみですね!
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-09 22:21 | スカッコマット的日常

おはなのはなし

c0221773_12485531.jpg
最近 スカッコマットに飾ってあるお花の中で、
ひっそりとしつつ 存在感を示しているお花があります。

小さな かわいらしい花が集まったこの植物。
『セダム』といって、実は多肉植物なのです。

確かに葉は、少し厚めで 水分を含んだような パリッとした感じ。
いかにも 多肉っぽいのですが

可憐な花が 印象的ですね!

「まるで 私みたい。」とは、そろそろ 言えない年に なってきた私・・・・。
(あれ?最近 年の話ばっかり。)

でも、ふと思い出す。

以前、70歳前後の 女性の二人連れのお客様が、カプチーノアートのハートを見て
「かわいーー!!まるで 私たちみたいーー!」と おっしゃっていた事を。

そうか。そこまでいけば、また「私みたい。」と 言えるのか。
がんばれ 私。
まけるな 私!

c0221773_136453.jpg

おまけに、今朝撮った アゲハチョウの写真。
蝶のように華やかに・・・ とは、ちょっと いかないか。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-08 13:12 | スカッコマット的日常

一頭買い シマシタ。

急に風が爽やかになり、「アッ!」っと 思ったら もう秋ですね。
こわい こわい。こうして年を 取るんだなーー・・・。

さてさて、本日は 今月大活躍の予感。 『北海道産仔羊』 の紹介です。
c0221773_1830745.jpg

買っちゃいました。『一頭』まるごと。

半身を買おうとしたのですが、「もう半身の引き取り手がない。」と言われ
「それならば!!」と 買ったはいいけれど・・・。 大きくないですか?

はたして 今月のメニューは 肩・モモ・骨付き背肉に、内臓の網脂包み焼きまでと
『北海道産仔羊フェアー』の様相です。

でも、味は 折り紙付き!!

もともと繊細で 臭みの全くない 北海道産の仔羊。
一頭買いしたことにより さらに良い状態で 仕入れ・処理が できております。

羊好きの私としては 「こりゃ、たまらん。」と 顔がやや にやけ気味。
どんなワインを合わせるか・・・・・。 うーん、楽しみは 尽きません。
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-07 18:34 | スカッコマット的日常

2012年 9月のディナーメニュー

■2012年 9月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・鮮魚のカルパッチョ 自家農園のサラダを添えて
・天然岩ガキ(生) リンゴとセロリのグラニテ
・ナスとカチョカヴァッロのオーヴン焼き
・燻製した鴨とルーコラのサラダ ポレンタと自家製ピクルス
・パルマのマッシモさんの生ハムと、自家製サラミなどの盛り合わせ
 各 1,200円

・最高傑作の生ハム ’クラテッロ’ 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・カヴァテッリ シンプルなトマトのソース ペコリーノと共に 
・ストロッツァプレーティ サンマとフェンネルと唐辛子
・カッペラッチ カボチャの詰め物 セージの香り
・リガトーニ 仔牛のナポリ風ジェノベーゼ
・リゾット 野菜とピスタチオ モルタデッラのムース
 各 1,600円

・タリアテッレ イタリア産フレッシュポルチーニを和えて
 (コースの場合は+900円) 2,600円


~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・マッシュルームを詰めたホロホロ鳥胸肉 ジャガイモのピュレ
・エゾ豚ヒレ肉 玉葱、パイナップル、ピーマン、ネズの実風味の赤ワインソース
・北海道産仔羊(肩かモモ)と内臓の網脂包み焼き
  各 2,100円

・土佐のあか牛ランプ肉のロースト
 (コースの場合は+1,000円)   3,300円

・北海道産仔羊骨付き背肉のロースト
 (コースの場合は+1,200円)  3,500円



~デザート Dolci~

・巨峰のムースとジュレ レモンの香り
・’トルタ・カプレーゼ’ ~カプリ島名物のチョコレートケーキ~ シナモンのジェラート
・リコッタを詰めた栗粉のクレープ イチジクの赤ワイン煮 ローズマリーのアクセント 
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-07 18:16 | ディナーメニュー

2012年 9月の予定

c0221773_12183129.jpg
■お休みのご案内
9月3日(月)・4日(火)
9月10日(月)
9月18日(火)
9月24日(月)・25日(火)

※月曜定休。
  9月17日(月・祝)は、営業いたします。


写真は、最新号の 『SANO MEDIA』。
「自然な モノ・コト。」が テーマ。
「循環」していく農業を目指している、渡良瀬エコビレッジさんの 特集がメインです。

「自然な モノ・コト」が、自然とは身の回りになくなってしまった現代、
その価値は ますます高まり、その存在感は ますます大きくなりますね!

「自然」とか、「自然派」とかいう言葉を、 あまり便利に使ってはいけない と言う意見は
よく耳にしますし、私もそう思いますが、

その美味しさ、パワーを感じたら、そんな事を言うことすら 馬鹿らしく思える 今日この頃です。

それこそ 「しぜんに」、その恩恵に与れたら 最高ですね!
[PR]
by karin_star_music | 2012-09-01 12:18 | スカッコマット的日常