スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

手打ちパスタを作る ~タッコッツェッティ~

スカッコマット名物 手打ちパスタ。
今日は 『タッコッツェッティ taccozzetti』というパスタを発見。激写です。
c0221773_18531950.jpg

セモリナ粉、水、塩、オリーブオイルで作った生地を
広く伸ばして、ててててっ とひし形に切る。

これだけ。

南イタリアらしく シンプルな調理法が似合うパスタです。
c0221773_18562511.jpg
伝統的には トウモロコシやジャガイモを練り込んだりもしますが
今回は ナシ。

小麦の甘い香りと、独特の食感が 美味です。
少し暑い日が増えてくると こういうパスタが食べたくなってきますね~。

美味しい野菜とペコリーノとか・・・
豆と合わせてもよい。

魚貝と合わせても もちろん美味しいだろうなー。

今 ちょうどリストに載っている ヴェルディッキオのような
ハーブ感のある ちょっとトロリとした かわいらしいワインと合わせたら・・・・
これまた とっても 美味しそうだなー・・・。
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-28 19:11 | スカッコマット的日常

新鮮ハーブ

c0221773_1313673.jpg
自家農園で朝採ってきた 新鮮ハーブ。

ハーブ類は 自宅に一番近い一角に植えてあり、
ちょちょんと朝摘んで お店に来たり

お料理の途中で 思い立って採りにいくのに便利です。

よく息子の収穫作業の餌食になりますが
そんな時は お風呂にいれたり お茶にしたり・・・。

スカッコマットでも家でも 大活躍です。
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-27 13:06 | スカッコマット的日常

なんとなく どきどきする。

c0221773_1965013.jpg

桜の季節はもう終わり。後は少しの八重桜を残すばかりで
山はもう 新緑。

なんだか もぞもぞ むずむず
そして どきどきする季節ですね!

あちこちで G.W.のイベントや セールの案内を目にしたり

なんだか 落ち着きません。

スカッコマットの電話も 連休中のご予約が多く
なんだか そわそわ わくわくするのです。

連休中は お席の少ない日も出てきております。

お食事をご予定の方は お電話でのお問い合わせ、ご予約を お勧めいたします。
TEL:0283-23-4224

胸いっぱいに 草の香りのする空気を吸い込んで・・・
みどりのすずかぜ ちょっと しんこきゅうです。
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-26 19:06 | スカッコマット的日常

自家農園便り 2013.4 その②

昨日に引き続き 『自家農園便り』です。
c0221773_123960.jpg
今はネギ植えの時期。
細長い穴を掘り ずらりと ネギの苗を植えます。

c0221773_1225362.jpg
こちらは姿が似ていますが 『玉』ネギの方。
昨年植えたものが 大きくなってきました。

すらりと 背も伸びてきて 茎も 固くしっかりしてきました。
もっと まあるく 大きく育て、屋根の下につるしてから使います。

c0221773_1245996.jpg
こちらはジャガイモさん。
キタアカリにレッドムーン、男爵とインカのめざめを植えています。
今年も たくさん できますように!

c0221773_127473.jpg

トンネルの中の ハコイリは ブロッコリや コールラビ。
虫に食べられないように 覆いをかけてあります。

そろそろ ちょうちょが飛び始めたので
にょろにょろ系の虫が 出てくるんだわー。

c0221773_1291613.jpg
こちらは 軸が赤い『アイデアル』というお野菜。
スイスチャートともよばれ フダンソウの仲間です。
生でも食べられますし、チャチャッと炒めても。

写真を取っている横で 息子が むんずと むしり取り
c0221773_12141820.jpg
「ママ、あとで おりょうりしてね~。」

c0221773_12185496.jpg
今年の気候は ジェットコースター!
初夏のようだと思ったら、今日は ひんやり 寒い日です。

畑の野菜も 困惑気味。「伸びていいのか?いやいや まだか!?」
私も 「冬服を しまっていいのか?いやいや まだか!?」

人間も お野菜も、風邪をひかないように しなくてはなりませんね。

c0221773_12223240.jpg
畑の様子を見ていると、人間の暮らしが 自然に意外と近いことを実感します。

自家農園は 10年以上 無農薬・有機栽培。
今日もスカッコマットに 美味しいお野菜を 届けてくれます♪
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-20 12:25 | 自家農園便り

自家農園便り 2013.4

新緑の気配が濃くなってきたある日の 自家農園の様子です。
c0221773_22425360.jpg
この時期のアイドルは アスパラガス!
ひょろひょろ っと伸びた 手前の植物が アスパラガスです。
普段スーパーで売っている あの アスパラガスを 
そのまま伸ばすと こうなります。

最初にでる芽を 「伸ばすべきか、伸ばさるべきか。」 いつも 議論の的になる。
ちなみに今年は 「伸ばす」方向で、落ち着いたようです。

c0221773_2243696.jpg

この日は ビニールハウスの引っ越しをしていました。
連作障害を防ぐため いつも この時期に ハウスの場所を移動します。
c0221773_2311981.jpg

骨組みだけ くみあがったところで 現場監督登場!
ピンクのスコップで 直接指導です。
c0221773_2245397.jpg
おやおや、監督。作物の状態も チェックですか?
c0221773_2246155.jpg
「えいや。」と 監督が引き抜いたのは・・・

c0221773_22464312.jpg
駆け足ちび大根と 赤ちゃんニンジン。

ありがとう、お夕飯で 食べましょうね。
c0221773_22501844.jpg
満開の野沢菜の花。季節の移り変わりは早いものです。

自家農園便り 今回は 次回に続きます。
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-19 23:05 | 自家農園便り

フランス産 天然 春シメジ

c0221773_18131183.jpg
今日 お店に来ると、トレーの上に 何やらグレーの物体が・・・。
何かと思って 近寄ってみると 『フランス産の 天然春シメジ』でした。

天然のキノコは 掃除が大変なのよーーー。

ひとつひとつ ハケで掃って 泥土およびナンカ枯葉みたいなの などを 取り除きます。

おーー。スーパーのシメジでは 考えれない工程。

でも、天然モノは その香りも歯ごたえも 全然違う!
掃除している横で うろうろしているだけで いい香りが漂ってきます。

いいなー 軽くソテーして そのままでも美味しいし
パスタの具にしても 春らしい。

むにゅむにゅ じゅわー。

美味しそうだなー・・・。
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-13 18:19 | スカッコマット的日常

北海道から ジャージー牛が来る!

北海道は 『トムラウシ』というところにある 関谷牧場から・・・
『ジャージー牛』が 入荷いたしました。

英仏海峡に浮かぶ ジャージー島が原産と言われる 『ジャージー牛』、
世界中で 乳牛として 人気のある種類の牛ですが

その濃厚なミルクは有名でも あまり『肉』は 食べられていませんでした。

それというのも 和牛や ホルスタインに比べて 体格が小さく また 成長も遅い。
つまり 生産効率が 悪い!

さらに肉の色が 赤く、脂も黄色くなりやすいので
「やっぱ 牛は シモフリだよね~。という 
日本の牛市場には ウケないのです。

が、しかし こういうのが好きな人もいる!

少しくらい変わっていても 美味しい物好きなスカッコマット。
さっそく 入荷してみたというわけ。
c0221773_137285.jpg

c0221773_13857.jpg

気になる肉は・・・ 確かに赤い!!
栄養が 詰まっていそうな 色ではないですか。

「いいよいいよ。」と 赤身の牛をはじめとし 馬・鹿にも目のない 赤身バカな私は
既に この時点で テンションあがり気味。

c0221773_13101155.jpg

焼いた様子が こちら。

『牛』らしい 味わいがする、しっかりとした お肉。
むぎゅむぎゅ と噛むと じゅわ っと コクと 旨みがでる。

ヨーロッパの牛のようです。

お店で だいだい1ヶ月くらい 熟成をかけて お出しします。
(熟成すると また 風味が増して 美味しいんだーー。)
スカッコマットでは、久々の 『日本産』の 牛の 新星です!
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-09 13:33 | スカッコマット的日常

2013年 4月の予定

c0221773_1249516.jpg
■お休みのご案内
4月1日(月)
4月8日(月)
4月15日(月)
4月22日(月)
4月30日(火)

※月曜定休
 ただし4月29日(月・祝)は 営業いたします。

■お席の状況
4月28日(日)・・ランチは残席僅かです。
G.W.中のお食事は、早めのご予約をお勧めいたします。

TEL:0283-23-4224


写真は 自家製ドライトマト。
赤くて 小さな粒が カワイイでしょ??
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-09 12:52 | 今月のお休み・イベント

2013年 4月のディナーメニュー

2013年 4月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・自家製サクラマスのスモークと竹の子のスフォルマート サラダ添え
・比内地鶏胸肉のハムとニンジン ヴァニラの香りのオイル
・水牛のミルクのモッツァレッラとトマトのカプレーゼ ブラッドオレンジのジュレ
・サンダニエーレ産生ハムと、自家製サラミなどの盛り合わせ
 各 1,200円

・究極の生ハム盛り合わせ(マッシモさんのクラテッロ、パオロさんのカポコッロ、サラミなど) 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・カヴァテッリ シンプルなトマトのソース ペコリーノ・ロマーノ
・リングイーネ ムール貝(青森)とアサリ(愛知)と春シメジ(フランス)
・メカジキを詰めたトルテッリーニ 春キャベツのヴェッルタータ
・ヨモギを練り込んだタリアテッレ 白エビと自家製ベーコン
・フェッリッツォーリ 仔羊のポルペッティーニのパプリカトマトソース
 各 1,600円





~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・ホロホロ鳥モモ肉のロースト ハチミツと胡椒のソース
・沖縄県産豚のトマト煮 ’ブラチョーラ’
・北海道産ジャージー牛 赤身のモモ肉のグリル ルーコラのサラダ
  各 2,100円

・シエナの黒豚 ’チンタセネーゼ’ 骨付きロースのグリル ※2人前より
 (コースの場合は +1.000円) 3,300円

・土佐のあか牛ランプ肉のロースト
 (コースの場合は+1,000円)   3,300円




~デザート Dolci~

・イチゴのスープ ホワイトチョコのジェラートとゴマのチャルダ
・グレープフルーツとセロリのゼリー リコッタのクリーム フェンネルの香り
・ナポリの伝統菓子 ’ババ’ とカラメルバナナのセミフレッド
 グラッパのクリームのアクセント
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします。
  尚、メニューは予告なく 変更になる場合がございます。

☆ご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。
 TEL:  0283-23-4224
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-06 14:26 | ディナーメニュー

シエナの黒豚 『チンタセネーゼ』

桜も咲いて 「春が来たなー。」と思っていたら 
今度は 寒い日が続きますね。

春の気候は 不安定なものですが
今年は 得にジェットコースター! 
なかなか 衣替えが できませんね。

さてさて、今日は シエナの黒豚『チンタセネーゼ』の ご紹介です。
『チンタ』 は イタリア語で 『ベルト』、
『セネーゼ』は 『シエナ(地名)の』という意味。

チンタセネーゼは 黒い豚ですが 前足と肩のところが ぐるっと白く
まるで ベルトをしているようなので、この名前が付いています。

顔も不細工で カワイイ。耳が垂れていて おメメが隠れちゃってるんだわー。

通常の豚より 生産効率が悪いので 一時は絶滅の危機に瀕していましたが
心ある養豚家の努力で 今では世界に認められる品種となっているのです。

c0221773_12282930.jpg

で、その『チンタセネーゼ』。
厨房で ガツンガツン 音がするので 何かと思って見てみると
シェフが 骨付きの肉を 切り分けている音でした。

写真で見ると 繊細なナイフで ひょい っと切っているように見えますが
本当は 右に置いてある ナタのようなもので 切り割っています。

c0221773_12325236.jpg

見よ!このピンク色の肉を。
おおーー きれいですねーー。
c0221773_12362055.jpg
で、焼くとこの存在感!
これで2人前です。

噛めば噛むほど 旨みの出てくる肉に 甘みのある脂。
骨の周りのお肉が また 美味しいんですよねー!

マイッタ マイッタ!
アゴが痛くなるほど あなたの事を 食べていたい!

うーーん、そうだなー、ワインは・・・
やっぱり あんまり重くない 地元感のある赤が 飲みたいな~~・・・♪
[PR]
by karin_star_music | 2013-04-02 12:42 | スカッコマット的日常