「ほっ」と。キャンペーン

スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

収穫は 突然に

昨日 玉葱の収穫の記事を 書いたばかりですが、
本日の天気予報の結果を受けて 突如
「今日 タマネギの収穫を 行う。」との 発表が。

というわけで 3世代そろって、午前中は 玉葱を 引っこ抜いてきました。
c0221773_1158127.jpg
玉葱は べりべり とか ぶりぶり といった感じで どんどん 抜けます。
それを ほいさ ほいさ と並べます。
c0221773_1159175.jpg

このあと 屋根の下に 移動して 数日乾燥させますが
とりあえず ここまでで 一休み。

c0221773_120266.jpg

「ジャガイモも だいぶ 花が咲いてますねー。」
などと タマネギの隣に 植えてある ジャガイモのあたりをクルーズしている途中・・・

ピピピピ

畑ドクター バーバのアンテナが反応。
c0221773_1212541.jpg
ちりちりになって 倒れている枝を発見です。
c0221773_1222421.jpg
枝の下の土を掘ると・・・・
いた!「ネキリムシ」!

その名も ジャガイモの根を 切ってしまう虫なので
これがいると 芋ができません。

怪しいところを 掘り返し、
えいや えいやと 退治してきました。

c0221773_1255162.jpg
ついでに様子を拝見すると 小さなジャガイモが できてきていました。
写真は 『インカのめざめ』。
色が濃くて 美味しい品種です。

無農薬の畑は、本当に手間がかかりますが
だからこそ 安心で 美味しい野菜が 食べられる。

初めて むにむに系の虫に接した息子は
その感触が 衝撃的だったようで

「おっ!」という顔をした後に 「ぞぞぞ」という顔をして
最後に 指をズボンにこすり付けながら 「へにゃー」という感じで 薄笑いをしていました。

わかるわかる。

レストランのお皿の上では 当たり前ですが オスマシ顔の野菜たち。
畑では 毎日 こんな感じの ドラマがあったりします。
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-25 12:17 | 自家農園便り

自家農園便り 2013年5月号 その②

「この間 『自家農園便り』 やったばっかじゃーん。」と 言われそうですが、
いえいえ この時期の 畑の変化は スゴイ。

夏の野菜が 一斉に花をつけ、太陽の光の下 ぐんぐん 成長しています。
c0221773_18505594.jpg
なんといってもズッキーニ。
ズッキーニは 花も食べられます。
リコッタや ジャガイモ、エビなどを詰めて。

当たり前ですが 花を摘むと 『実』はならないので、
そのバランスを見定めて 収穫します。
(といっても 『実』の方は、時期になると もう いやーっ てほど なるのですが。)

c0221773_1854568.jpg

小さな花は トマトのもの。
足モトに バジルを植えるのが 我が家流。

c0221773_18555469.jpg

こちらは 『カボチャ』。赤ちゃんカボチャが できていますね。

c0221773_1954415.jpg
もうこんな季節なのか!と驚いた、トウモロコシ。
ミニミニサイズが でき始めています。
新鮮なトウモロコシは 本当に甘いのです!
楽しみだわーーーー・・・。

c0221773_1972795.jpg
ずらりと並ぶ アーティチョーク。
イガイガの葉、独特のフォルム。

c0221773_1975130.jpg
アーティチョークは 花のつぼみを食べます。
イタリアでは ポリュラーな 食べ物ですが 日本では まだまだ マイナーです。

たくさんあるように見えますが、実は この一列は 今年植えたもの。
1年目は つぼみができても 収穫できないので 今年は 見るだけ。
来年以降の事を考えて にやにや するのが 楽しみです。

c0221773_1993737.jpg

ジャガイモも 花が付き始めました。
収穫までは まだもう少し。
頑張って 光合成 してね!

c0221773_19105224.jpg
異彩を放つ 紫キャベツ。
高貴な見た目に 惹かれますね。
c0221773_19112244.jpg
今年は たくさん出来た  『ソラマメ』さん。
豊作です!素敵です!!

c0221773_1913243.jpg
玉葱は、上の部分が倒れたら収穫です。
玉葱の収穫は 一大イベント!!

お天気の時にまとめて収穫して、数日 陰干にした後で
縛って 軒下に つるすのです。

日々強くなる日差しの下 お野菜たちも すくすく 順調に育っています。

自家農園は無農薬・有機栽培。
今日も スカッコマットに 新鮮野菜を 届けてくれます!


いつも ありがとう!!
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-24 19:24 | 自家農園便り

今年初!アーティチョーク

c0221773_12382465.jpg
自家農園のアーティチョーク、今年初収穫です!!

見た目もエキセントリックで 素敵なアーティチョーク。
イタリアではポピュラーな野菜で、よく 市場で 山盛りにして売られています。

食べ方も様々。炒め物にフリットに、スープに、オムレツに・・・。
なんでもござれ。
c0221773_12433113.jpg
ヴァイオレッド種の方は 棘が先端にあります。
グリーンのものより 少し小振り。

イタリアでは もう少し早くから出回りますが
日本では これからがシーズンですね。

他にはない 独特の味。 うーん 楽しみだな~♪
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-18 12:49 | スカッコマット的日常

Piclit Neri 2009 / Emilio Bulfon

c0221773_18352587.jpg

ワイン:ピクリット・ネーリ
作り手:エミリオ・ブルフォン
ブドウ:ピクリット・ネーリ 100%
産地:フリウリ州

まずは目を引くこのラベル。
どう見ても 『最期の晩餐』ですが、ゆるすぎる~~~!

各々の表情もさることながら 4人しかいないし。
ん?なんか食べてる? 左から二人目は とりあえずワイン 注いでますよね。


元を辿るとこのワイン、フィレンツェの『Le Volpi e L'Uva』というエノテカで出会ったのが 最初でした。
(その時の 記事は こちらから)
ところが ワインで有名なこのお店。飲みたいワインが 山のようにあって
かなり気になったのですが その時は飲めず・・・・。

で、日本に帰ってきて調べてみて 当初 日本への輸入はなかったのですが
ふとした きっかけで入手したのでした。

それから幾年月・・・・。
買った当時は自然派らしいのびやかさと かわいらしい果実感が 印象的なワインでしたが・・・・



先日 開けたら、ものすごーーーーく 美味しくなってた!!!



スゴイ。本当に ワインって スゴイ。


『かわいらしい果実味』は、むしろパワフルになり、より集中し、
切れの良い酸味が ぷちぷちと 口の中で弾けます。

活き活きと ブドウのエキスが 躍動する一方
よどよいスモーク感と、わざとらしくない複雑味が味わえるワインに。


なにより 『ワインが生きている!』という事を 再認識し
感動的な体験をしました。

生産者の『エミリオ・ブルフォン』は フリウリの地で
忘れられた土着品種を 大切に育て、守ってきた生産者。

その地道な努力と活動に 頭が下がります・・・。

そんなワインだからこそ 時間をおいて こんなにも変身するのですね。

初めて飲んだその日から、「いいなー。好きだなー。」とは 思っていましたが
「やっぱり好きでヨカッタ!いや むしろ 大好きだ!!」と その思いを深くした 良いワインです。

「君を信じていたよ・・・。」と 甘い言葉をつぶやいて 見るラベルは
やっぱり ものすごくゆるく、そんなところも ツボだったりするから 手に負えません。
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-17 19:04 | ワイン・フリウリ

ロンバルディア産 仔豚 入荷しました!

イタリアロンバルディア産の 皮付きの『乳のみ仔豚』が 入荷しております。
いつもの如く 縦に真っ二つの 半身で購入したのですが・・・

まんま みーや!

写真がナイ!

「私がいる時は 写真撮るねー。
いなかったら 写真 よろしくねー。」

と言って、カメラまで置いてあったのに 
うっかり 写真を撮る前に バラしてしまったのです!

「またもどして 撮る?」と シェフ。

ただでさえ 苦手な人は 苦手な感じの写真になるのに
バラしてあるやつを より集めたら
犯罪のにおいすら しちゃうじゃないの!

というわけなので 今回は文字だけ。

日本では珍しい 皮付きの豚。
皮ももちろん美味しいですが、皮と肉 ぎりぎりのところが また美味しい。

乳のみならではの やわらかく爽やかな香りと
むぎゅむぎゅとした 肉質。

甘くて優しい旨みが タマリマセン。

部位ごとの個性が楽しめるのも 半頭買いの 醍醐味。
優しくて 温かみのある、甘酸っぱい赤が飲みたい気分です。
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-10 18:36 | スカッコマット的日常

今日はお天気ですね。

c0221773_1335832.jpg
G.W.が明けまして、お天気のよい水曜日です。

連休は たくさんの皆様に来ていただき
とても 楽しく にぎやかでした。

ありがとうございます。

G.W.後は 一気に夏らしい空気に変わるんですよね。
梅雨が到来するまでの数週間。

思いっきり 爽やかな空気を堪能したいです。
 
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-08 13:03 | スカッコマット的日常

自家農園便り 2013年5月号

爽やかな日差しの中、自家農園の野菜も すくすくと 育っております。
気温が上がり、お日様パワーが増したせいか、野菜の変化も早い!

この日は 畑に出ると、ジージが ナスの苗を植えているところでした。
c0221773_1412287.jpg
ナスは水がたっぷり必要なので、土に十分 水を吸わせて・・・
マリーゴールドと仲良しなので、交互に植えます。
c0221773_14143248.jpg

c0221773_14153451.jpg
春のキャベツも 大きくなり、きれいに巻いたので 覆いをはずしました。
(丸まる前に覆いを外すと 虫が中まで入ってしまう。)
上が 『タケノコキャベツ』とか 『はるみ』とか よばれる品種で 生で食べておいしい。
下は 『チリメンキャベツ』。こちらは 加熱すると美味しい品種です。
c0221773_14173549.jpg
ハウスの中では 次に植える苗が 準備万端!
トマトに 唐辛子、ピーマン パプリカ、カボチャに ズッキーニ・・・。
みんな ダイジダイジ。ハコイリならぬ ハウスイリです。
c0221773_1418846.jpg
清々しい葉は 人参のもの。
こちらは 一生懸命 「光合成してる!」って感じ。
c0221773_14201047.jpg
あちこちで 珍しい花も見られる この季節。
これは 『セージ』という ハーブのお花です。

c0221773_14224152.jpg
もしゃもしゃと 存在感のあるアーティチョーク。
オリエンタルな見た目が 素敵。
c0221773_14232490.jpg
収穫魔の息子によって 手折られたアスパラガス。
「本当は 親株として 残すやつだったんだけどな~・・・・。」という バーバーのつぶやきは
彼には聞こえない様子でした。

自家農園は10年以上 無農薬・有機栽培。
今日も 新鮮野菜を スカッコマットに 届けてくれます!
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-04 14:25 | 自家農園便り

2013年5月の予定

c0221773_143943.jpg

■お休みのご案内
5月7日(火)・・・6日(月・祝)の振り替え休日です。
5月13日(月)
5月20日(月)
5月27日(月)

※月曜定休

お席のご案内
5月11日(土)・・・ディナーは貸切です。

なお、G.W.中はお席の少ない日が多くなっております。
お食事の際には、お電話にてお問い合わせ・ご予約をお願いいたします。

TEL:0283-23-4224

写真は庭のブルーベリー。薄いピンク色のかわいらしい花が咲いております!
いい香りがするせいか、この木は虫にも大人気。
写真を撮る側を ぶんぶんぶん と 蜂が飛ぶ。

もうすこしすると 通称『デンキムシ』という 毛虫の類が出るんだー・・。
(去年刺された。)

5月の爽やかな日差しを浴びて、庭の木々も 気持ちがよさそうです!
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-04 14:08 | 今月のお休み・イベント

2013年 5月のディナーメニュー

2013年 5月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・マカジキを詰めたサルシッチャと新タマネギ
・季節の野菜と自家製ベーコンのサラダ ヴァルテッリーナ・カゼーラのクレマ
・水牛のミルクのモッツァレッラとトマトのカプレーゼ ブラッドオレンジのジュレ
・サンダニエーレ産生ハムと、自家製サラミなどの盛り合わせ
 各 1,200円

・究極の生ハム盛り合わせ(マッシモさんのクラテッロ、パオロさんのカポコッロ、サラミなど) 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・カヴァテッリ シンプルなトマトのソース ペコリーノ・ロマーノ
・タッコッツェッティ 天然真鯛と乾燥ソラマメを和えて
・リゾット 春野菜とあさり 軽いバジル風味
・ガルガネッリ 鶏ひき肉とアーティチョーク
・トロンケッティ ミートソースとパルミジャーノのオーヴン焼き
 各 1,600円





~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・比内地鶏の胸肉 香草パン粉焼き
・チリメンキャベツで包んだ豚ホホ肉(沖縄)の煮込み
・北海道産ジャージー牛スネ肉の赤ワイン煮 ポレンタと共に
  各 2,100円

・ロンバルディア産仔豚のロースト 野生ブルーベリーのソース
      モモ肉 (コースの場合は +500円) 2,700円
      骨付き背肉 (コースの場合は +800円) 3,000円

・土佐のあか牛ランプ肉のロースト
 (コースの場合は+1,000円)   3,300円




~デザート Dolci~

・オレンジのセミフレッド 生姜の香りを添えて
・シチリア島エリチェのリコッタを詰めたタルト’ジェノベーゼ’ レモンのジェラートと
・チョコレートのクロスタータ アニス風味のジェラートとアプリコットのソース
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします。
  尚、メニューは予告なく 変更になる場合がございます。

☆ご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。
 TEL:  0283-23-4224
[PR]
by karin_star_music | 2013-05-03 20:00 | ディナーメニュー