スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自家農園便り 2013.6

お天気のいい日の 夕方。
散歩がてら 畑をクルーズしながら 写真を撮ってきました。
c0221773_1832781.jpg
夏野菜代表の ナス。
大きな実が どんどんと なっております。
c0221773_1833141.jpg
マリーゴールドの後ろに アマナガトウガラシ。
甘くて(辛くないという意味) 長い 唐辛子です。

マリーゴールドは 虫よけ効果があるので 野菜の間に植えています。

この他 バジルと トマトも 仲良し。
一緒に植えると 相乗効果で 良く育つそうです。

c0221773_1834247.jpg

こちらのオクラは 真ん中より少し上に つぼみができています。
この後 白い花を咲かせて、花の後に 見慣れた『オクラ』の実が イガイガと出来るのです。

オクラは結構 背も高くなり、最後の頃は 巨大な実をつける 不思議生物です。
c0221773_1837394.jpg

これは おなじみ トラディッショナル ジャパニーズ サトイモ。
お盆のころに 第一弾が 収穫できるはず。

c0221773_18382988.jpg
これまた 夏野菜代表 『とうもろこし』

採りたては本当に 甘くて香りが 強いのです!!!
うーーん いいですねー。

c0221773_1839712.jpg
ハーブの畑は 花盛り。
写真は オレガノのお花です。

花が咲くと 葉の方は 香りが弱くなりますが
お花も食べられるものが多いので、 ぱらぱら と お皿に散らすのも おしゃれです。


夏のように 日差しが強かった この日。
夕刻の風に 畑の野菜も ほっと一息ついているようです。


自家農園は 無農薬・有機栽培。
今日も スカッコマットに 新鮮野菜を 届けてくれます。
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-28 18:45 | 自家農園便り

vignevecchie 2008 / panevino

c0221773_115412.jpg

ワイン:ヴィーニェヴェエッキエ 2008
作り手:パーネヴィーノ
ブドウ:カンノナウ50% ムリステッル、ニェドゥマンヌ、カニュラーリ、ティティッル など50%
場所:サルデーニャ

さてさて、今日は パーネヴィーノ という作り手のワインです。
作り手の ジャンフランコ氏、とっても 熱く、哲学的、
信念を貫く 戦う『農民』であり『芸術家』なのです。
 
彼のワインは ななななんと 毎年 原料になるブドウの品種や 醸造方法はもとより

ラベルや ワインの名前まで違うのです!

ちなみに 今回紹介する 『ヴィーニェヴェッキエ』は 2008年 のヴィンテージだけに使われる名前。
Skistos(スキストス)が2004, Perdacoddura(ペルダコッドゥーラ)2005,
Mariposa(マリポーザ)2006, Ogu(オグ)2007
というと、「あー、あれと おんなじ シリーズね。」という方も いるのでは?

それぞれのヴィンテージの 名前の由来は もちろんあるのですが
その話をすると すごーく長くなるので・・・
ちょっと後で。


それでは 肝心の味の話をすこし。


これは なんとも パワフルで 優しくて 奥深い味わいです。

千変万化、変幻自在、融通無碍。
開けたてと、数日後では まったく変わりますし
また ボトルの 上の方と 下の方では 味わいもニュアンスも 変わります。
(そしておそらく 少し寝かせると、また がらっと 変わるのでは?)

だから 「これこれであります!」とは なかなか表現しずらいのですが
マリポーザ、オグにくらべると すらりとした透明感と しなやかさを持っている印象。

口に含むと ぷちぷちとした 旨みと 押し寄せる果実味。

時に バラのような香り、時に ナッツのようなアフター
マラスカチェリーのようでもあり、焦げた醤油のようなニュアンスも・・・。

いずれにしても その美味しさに 『納得!』なのです。


2008年の『ヴィーニェヴェッキエ』とは 『古樹の畑』という意味なのですが
これは 前年、彼の畑の近くで起こった山火事や、気候の影響で
ブドウの収量が減ってしまい、このワインに使う予定だった 若い樹齢木からできるのブドウを
別の名前のワインに使ったため、こちらのワインには 古木のブドウが使われたことに起因するそうです。

ラベルに たくさん書かれている 『pero’』は 『でも』とか『しかし』という意味。


Nel 2008…

…PERO’…nospora!, PERO’ poi il caldo…PERO’ la siccita’…PERO’ dopo è piovuto…
Un alternanza di eventi…PERO’ abbiamo vendemmiato, PERO’ poco, PERO’ è nato GIOACCHINO!
PERO’… gratzias a Deus!

パーネヴィーノ的2008年・・・

そもそも花は咲いてくれないし、そこへきてあの暑さ、水不足、かと思えば雨。
次から次へと事件が起こり…とはいえ、どうにか収穫だけはできた。
まあ、ほんのちょっとの量だけど。

でも、でもでも、なんてったって、無事ジョアッキーノ*が生まれた。

神様!感謝します。

*ジョアッキーノは、2008年11月に生まれたジャンフランコの次男の名前。
サノヨーコ訳


ヴィナイオータの社長さんのブログより引用。

当たり前ですが ワインの生産者にも、それぞれの人生があり
その人たちにとっては ワイン作りは 生活の中にあり、

その表現である ワインに、その人の 人生が 投影されるのは 当然で、

手から手へ

芸術家が作った作品のように
空を超えて 遠い日本で、その作品を 文字通り味わうことができるなんて 素敵ですね!

「うまいうまい」 と 飲むもよし
ゴッホの絵を 鑑賞するように 飲むもよし
グラスを片手に 瞑想するもよし

奥深いワインは その楽しみ方も 融通無碍です。
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-25 13:14 | ワイン・サルデーニャ

実りの気配

c0221773_140456.jpg
庭の片隅に植えてある 『ブラッドオレンジ』に
今年は 小さい実が できています!!

「桃栗三年 柿八年」 と言いますが
ブラッドオレンジ 4年目の今年は 初収穫できるかなー??

c0221773_1422554.jpg

こちらは たくさんの実をつけたブルーベリー。
色が濃くなって、白く粉をふいたら 採り頃。

ただし 『デンキムシ』という、刺されると びりっと痛い 虫がいるのです。
去年は 触ってないのに(と、自分では思っている) やられてしまった!
今年は 刺されないように 気をつけよう。

c0221773_1461758.jpg

レモンの花も 咲いています。
去年は 片手に乗り切るくらいですが 収穫できました。
また 今年も 期待してるよ!
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-23 14:08 | スカッコマット的日常

自家製パンを焼く ~コーンパン~

今日は、梅雨の合間の 久しぶりの晴れ! 
お天気がいいと、やっぱり気持ちも明るくなりますね。

さてさて、今日は 自家農園で有機栽培した トウモロコシを使ったパンを焼いております。
c0221773_12194354.jpg
まずはパン生地を 薄く伸ばして、
c0221773_1221893.jpg

軽く焼いたトウモロコシを ぱらぱらぱら っと 撒きまして・・・
c0221773_12215331.jpg

パン生地を くるくるくる っと 巻きまして・・・

c0221773_12223629.jpg

カット!

c0221773_12225936.jpg

断面を見ますと 確かにトウモロコシが 入っております。

c0221773_12234365.jpg
軽くねじって
c0221773_1224583.jpg
並べると あらカワイイ。
こうばし とうもろ コーンパン。

これから 少し 休ませて
オーブンに入れて 焼きましょう。

採れたての トウモロコシは 格別に甘い!
ぷちぷちした食感も楽しいパンに なりそうですね。


(追記)

焼けました!
おおーー。
c0221773_13561861.jpg

こうばしい いい香り。
予想より 甘い!
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-22 12:27 | スカッコマット的日常

フランス産牛肉 フルール・ド・オーブラック

c0221773_19132940.jpg
先ごろ解禁された フランス産の牛肉。
その中でも 生産頭数が少なく 貴重だ と言われる 
『フルール・ド・オーブラック種』 入荷いたしました。

おー 見るからに 赤身の美味しそうな 肉質。
どうですか このきれいな繊維!

じゅわっと焼いて 食べてみると・・・

ヨーロッパの味!

噛むほどに 旨みが出てきます。

獣臭さは 全く無く
ややエレガントな印象。
c0221773_1924334.jpg

「牛は 赤身よね。」というあなた。
ぜひ お試しください!
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-14 19:36 | スカッコマット的日常

2013年6月のディナーメニュー

2013年 6月のメニュー

~前菜 Antipasti~

・海老のポルペッティーニ 白インゲン豆のピュレ カカオのゼリー
・自家製ソプレッサータ・トスカーナ(豚の色々な部位を使ったハム) ズッキーニのマリネ
マスタード添え
・水牛のミルクのモッツァレッラとトマトのカプレーゼ ブラッドオレンジのジュレ
・サンダニエーレ産生ハムと、自家製サラミなどの盛り合わせ
 各 1,200円

・究極の生ハム盛り合わせ(マッシモさんのクラテッロ、パオロさんのカポコッロ、サラミなど) 
 (コースの場合は+900円) 2,300円

・お任せ前菜の盛合わせ 
 (コースの場合は+300円) 1,600円  



~パスタ類 Primi Piatti~

・カヴァテッリ シンプルなトマトのソース ペコリーノ・ロマーノ
・シャラテッリ ヤリイカとアーティチョーク
・リングイーネ 新タマネギ アンチョビと唐辛子
・ラヴィオリ ズワイガニを詰めて そのダシのソース
・ソラマメのニョッキ 仔牛の胸腺 パルミジャーノ
 各 1,600円

・タリアテッレ イタリア産フレッシュポルチーニ
 (コースの場合は +700円)  2,500円





~メイン Secondi Piatti~

・本日の鮮魚を本日の調理法で・・・
・栃木県産豚ヒレ肉のソテー 赤スグリと赤ワインのソース
・骨付き仔羊のカチャトーラ ハーブとヴィネガーのソース
・和牛トリッパとポレンタノオーヴン焼き
  各 2,100円

・シエナの黒豚チンタセネーゼ(2名様より)
 (コースの場合は +1,000円) 3,300円

・牛ヒレ肉 (フランス産フルールドオーブラック種)
 (コースの場合は +1,500円) 4,000円




~デザート Dolci~

・西表島ピーチパインのグラニテ 完熟マンゴーと大葉風味のジュレ
・カスタードクリームのフリット(リグーリア菓子) バナナのジェラート
 フランボワーズソース
・口どけ滑らかなチョコレートテリーヌ ミント風味のクリーム オレンジピール
・ジェラートの盛り合わせ
  各 600円

・イタリア産チーズの盛合わせ
(コースの場合は+300円)  1,000円
    
・デザートワイン(グラス)
(コースの場合は+300円)  1,000円



****************************************************
■ディナーコース・・・・・・4,400円
  前菜
  パスタ
  メイン        ※上記メニューより お好きなものを
  デザート         お一つずつ お選びいただけます。
  カフェ               


■シェフのお任せコース
  旬の食材を使った、シェフのお任せコースです。
  苦手な食材・アレルギー等ございましたら、お気軽にご相談ください。

   5,000円(6皿) ・ 6,500円(7皿) ・ 8,000円(8皿)
   10,000円以上のコースもご用意できます。

  お任せコースの場合は、テーブルごとに同じコースのご注文をお願いいたします。
  尚、メニューは予告なく 変更になる場合がございます。

☆ご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。
 TEL:  0283-23-4224
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-11 19:18 | ディナーメニュー

Marco De Bartoli のワインたち

c0221773_12393040.jpg
あまりに偉大で、かつ 個人的な思い入れも強い 生産者 『マルコ・デ・バルトリ』

イタリアからの帰り、当時 日本に輸入されていなかった
デ・バルトリのマルサラを スーツケースに入れて 持って帰ってきた事など ありません。

ワイン法と戦いながら 伝統に基づくマルサラを 作り続ける 炎の生産者です。
c0221773_12434919.jpg
どのワインも 今までに味わったことのないくらい 複雑で
夢のような 味わい。

本当にすごいです。

先日来日した現当主 レナート氏に、
彼らのワインが どんな料理に合うか聞いたところ
(その時ちょうど お店の七周年記念ディナーを企画していて
デ・バルトリのワインを リストに載せる予定だった。)

色々と親切に教えてくれた後に
「で、君は どんな時に このワインを飲みたい?」と まず聞いて
「いつでもだろ?」と 言いました。

しかも 超イケメン!至近距離!!

もう それだけで ノックアウトです。


そのレナート氏が 立ち上げた 新しい会社 『Terzavia」(テレツァヴィーア)』。

数種類の スプマンテ(スパークリングワイン)と 白ワインを作っていますが、
こちらも それぞれ のびのびと 美味しい。

普段マルサラに使う品種の個性が よくわかるのも 面白いです。


世の中には こんな特別な 美味しい液体が あるのだなー。
ああ、飲むのがもったいない。
この香りに包まれて 眠りたい。

そんな風に思う 特別な ワインです。
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-08 13:04 | ワイン・シチリア

2013年6月の予定

c0221773_1829543.jpg

■お休みのご案内
6月3日(月)
6月10日(月)
6月17日(月)
6月24日(月)

月曜定休

ご予約・お問い合わせは お電話にて承ります。
TEL:0283-23-4224

写真は 自家製『チーズパン』
リッチな味わいで 人気のパンです。

スカッコマットでは 毎日数種類のパンを焼いています。
「今日は何かな?」
くんくん いい香りです。
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-07 10:17 | 今月のお休み・イベント

今年初 ・ ポルチーニ茸 入荷です!

c0221773_0191224.jpg


早くも 今年初の 『ポルチーニ茸』が入荷です!
もちろん イタリアからきた 天然モノ。

『生』の ポルチーニは、風味も食感も 格別で
むにゅむにゅと かみしめると 旨みが出てくるのです。

c0221773_021417.jpg

こんな大きなきのこ、山で見つけたら テンションあがるでしょうね。

パスタの具でも美味しいし
そのまま焼いて 食べるのもよし!

まだメニューには 載っていないので、
たまたま 出会ったら、ラッキーです。

畑の野菜も だいぶ 模様替え。
地味に 改定されているワインリストも お楽しみに。
[PR]
by karin_star_music | 2013-06-06 00:38 | スカッコマット的日常