スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

自家農園便り①

スッカッコマットのお野菜は、とても美味しいとお褒めいただくことが多いです。

それもそのはず!
自家農園で丁寧に無農薬・有機栽培をして育てた野菜なのです。

「自家農園」というとカッコイイけど 要は シェフの実家の裏の畑の事。
管理は シェフの両親がしてくれています。

有機栽培を始めてもう10年というのだから なかなか筋金入りです。
農薬も全く使いません。
c0221773_15183787.jpg

こちらは『紫カリフラワー』紫色がとってもきれいです!
外側の葉に守られて UVしていたところを ちらり覗かせてもらいました。
c0221773_15182637.jpg
ハーブも常に数種類栽培。写真は『イタリアンパセリ』 
生命力の強いハーブ。茂ってますね・・・・!
c0221773_1525135.jpg

こちらは 独特の香りが素敵な『セージ』です。
晴天の青空に 映える・・・!

季節によっても違いますが、現在お店で使っている野菜の
なんと 9割以上が自家農園の野菜たち!!

これから霜が降りてくると 冬野菜もぐっと甘くなりますね。

ん~ 楽しみです!
-------------------------------------------------------------------------------------
追記
畑のコンポストの写真をアップします。

有機栽培に不可欠な 有機肥料もなんと手作り。
c0221773_15404935.jpg

葉っぱやくず野菜を入れ、水をまいておくと 微生物の働きで有機肥料ができるそうです。
自然の力はすごい!
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-17 15:44 | 自家農園便り

Moscato Rosa / Franz Haas 2007

魅惑の 赤のデザートワイン
c0221773_14113466.jpg

イタリア最北の地 トレンティーノ・アルト・アディジェ州の中でも 
更に北側にあるアルト・アディジェ地方。
その名も「フランツ・ハース」という生産者です。(ロックっぽい名前)

個性的なエチケット(ラベル)は一度見たら忘れられない。
ブドウがまた個性的で モスカート・ローザという
「ローズ」の香りのするブドウでできているんです!

赤のデザートワインなので 色は濃いバラ色。
グラスに注いだ時から、チェリーやブルーベリーなど果実の香りと上等の紅茶 
そして特徴的なバラの香りが・・・!
口に含むと更に広がり・・・コレは まさに媚薬です。

眠りに落ちるときにこの香りがしたら どんなに幸せか・・・

と思ってしまう魅惑的な香りと、甘いだけじゃない 程よい酸もタンニンもしっかりあって
ワインとしての完成度もかなり高い。


デザートワインながら 1本飲みきる自信があります!(笑)
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-16 16:10 | ワイン・アルト・アディジェ

「寒い寒い」と羽をむしる

c0221773_15283244.jpg

本日 山うずらが到着!
羽付きの鳥は 近所の猫やスズメの視線を浴びながら 外で羽をむしります。

スカッコマットの裏は 南向きとはいえ 夕方は寒いんだよ~。
いつの間にか日も短くなりましたね。(こんなところで実感)


c0221773_15371959.jpg年末を言い訳にワインは増える一方。
うちのセラーも 物置状態に・・・。
でも なんだかわくわくしますね!
年末年始は 「ちょっとワインでも飲んじゃおっかな。」という季節。
特別な人と、特別な1本をあけるもよし
仲間とわいわい飲むのもよし

どんなドラマが繰り広げられるのか 
どんなワインと出会っていただけるのか 今から楽しみです☆
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-15 15:46 | スカッコマット的日常

BRUT ROSE / Pojer e Sandri

北の実力派ワイナリーの ロゼスパークリング
c0221773_15192778.jpg

イタリア最北の州 トレンティーノ・アルト・アディジェにある生産者 「ポィエール・エ・サンドリ」
私の大好きなつくり手です!

北イタリアにあり、更に標高550mという立地。
山間に分け入ったところに この生産者の畑はあるそうです。
それを映してか ここのワイナリーのワインは 全体的に繊細。
でもそれだけじゃないのが すごいところです!

このBRUT ROSEも やや糖を感じ(甘口というわけではない) 軽やかな印象。
でも それで終わらない 作りの良さがある。

だから 口に含むと、なんだか笑顔になるんだな~。
なんともいえない愛らしさが ここのワインにはある!

色もかわいいピンク色で もう抱きしめたい!!(謎)

ブドウはシャルドネとピノ・ネロ(ピノ・ノワール) 
シャンパンと同じ瓶内2次発酵方式でつくられます。
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-13 16:33 | ワイン・トレンティーノ

自家製パンを焼く①

c0221773_1563878.jpg

自家製パン。ほぼ毎日焼いています。

そのときによって 形も味もいろいろです。
今日は オリーブ・パプリカ・バジルのパン 写真はチーズのパン。

「レストランに来て 料理が美味しいのは当たり前だけど 
だからこそ パンとカフェにこだわっている。」

と、以前シェフが言っていました。
結構スカッコマットパンのファンも多いのです。



はっ!カフェ担当の私も 頑張らねば・・・!!


 
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-11 15:16 | スカッコマット的日常

クリスマスツリー

c0221773_17132157.jpg

クリスマスツリー 飾りました☆
クリスマスまであと2週間ですね。はやい!!

お店に来た際には 御覧になってくださいね。
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-10 16:12 | スカッコマット的日常

手打ちパスタ:コルツェッティ

12月の夜のメニューに登場!コルツェッティです。
c0221773_15113519.jpg


コルツェッティとは イタリアのリグーリアという州で食べられているご当地限定系パスタ。

リグーリアは あの海洋都市ジェノバがある州。
南には地中海が広がり、北に行けばアペニン山脈やアルプス山脈がある。

そんなわけでこのコルツェッティは 魚介のソースでも肉のソースでも美味しく食べられます!
今月は肉のラグーで冬らしく。
c0221773_15205970.jpg
平たくのばしたパスタ生地をまずは丸くくりぬき

特製スタンプで 上下から挟みます!
c0221773_15213449.jpg


とても手間がかかるので、私の熱烈なリクエストの甲斐もなく
たまにしか作ってくれない・・・・。

でも、味は保証付き!
最後までもちもちとした食感と、小麦粉の甘い香りがたまりません・・・!!

厨房スタッフの熱意と愛情とともに いただきまーす!
[PR]
# by karin_star_music | 2009-12-09 15:28 | スカッコマット的日常