スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

CANAYLI VERMENTINO DI GALLURA / CANTINA GALLURA

c0221773_2045522.jpg


ガッルーラ協同組合のつくる ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

場所:サルデーニャ島
葡萄:ヴェルメンティーノ
色:緑を帯びた黄金色 結構濃い目です

なんと、このワインは うちのシェフが働いていた
本家イタリア「スカッコマット」でお勧めしていたワイン。

濃いーです。白なのに厚いです。
さすがサルデーニャっぽいはっきりした味わい。

香りはパイナップルや、花の蜜。白くてつるっとした石のイメージ。

口に含むと・・・・

ぶわっと広がります!

南国フルーツの爽やかな甘さに、強めのハーブ感!!
グレープフルーツのオイルに似た苦味。
ボディーはしっかり、エキスもしっかり。噛めそう。


そう。ハムの類と合わせたら、ついつい、ぐいぐい飲んでしまいそう・・・・!!
冷やし目からスタートして、温度変化も楽しみたい1本です。
[PR]
# by karin_star_music | 2009-11-05 20:59 | ワイン・サルデーニャ

蔵王スター / タケダワイナリー

c0221773_15504927.jpg

最近日本のワインも飲むようになってきました。

そのきっかけとなったのが山形県にある「タケダワイナリー」さん
ワイナリーに寄らせていただいたのが そもそもの始まりです


実際に施設を見せてくださり、スタッフの方(美人)が丁寧にワイナリーの説明をしてくださいました。
日本のワイナリーにも、こんな作り方をしているところがあったのかつ!と驚き。
「良いワインは良い葡萄から」
このモットーの元、土作り、葡萄作りにこだわって、低農薬・化学肥料不使用を貫いておられるそうです。

海外からの濃縮ジュース等を使用しているところも多い中、スタンダードなラインの「蔵王スター」すら山形県産の葡萄100%だっていうから、これ、なかせるじゃないですか!


味わいは全体的に優しくて、作り手の気持ちが感じられるものばかり。
今回の写真は「蔵王スター 赤」
お値段はお手ごろでもお土産ワインとは違いますよ!

このほかにも サンスフル(So2無添加)シリーズ。
ちょっと変わり者ですが、私は好きです。

最近は他にも 熱意のある醸造家の方が 日本でも増えてきているよう。
楽しみです♪
[PR]
# by karin_star_music | 2009-11-03 16:54 | ワイン・日本

ワインスクール

c0221773_16125757.jpg

10月から東京青山にある 「アカデミー・デュ・ヴァン」というワインスクールの
STEP-2という中級クラスに通っています!

毎回の講義もテイスティングも刺激的で、楽しい!!
やっぱり、ワイン好きが集まるっていうのはそれだけで胸が躍りますよね。


いままで本を読んでもナカナカ頭に入らなかった内容が、
講義に出ると すっ とわかってしまうのが不思議。
しかも全く今まで手付かずで、高校2年生以来放っておいた
世界史にまで興味が出るっていうんだから 環境って大切ですね。

だって、ワインの勉強をしていると「フェニキア人」とか「カルタゴ人」とか・・・・。


ますますがんばって、ワインと仲良くなりまっす。

写真はうちのお店のセラーでした。
[PR]
# by karin_star_music | 2009-10-28 10:14 | 私的日常

カプチーノアート

ただいま「チューリップ」に挑戦中!!

c0221773_16441616.jpg


がんばります(笑)
[PR]
# by karin_star_music | 2009-10-25 16:45 | スカッコマット的日常

Chinati Classico / Castello di Ama  2000

飲んだくれにならない為の覚書。

カステッロ・ディ・アーマ  キャンティクラシコ 2000

c0221773_16253017.jpg

場所は イタリア トスカーナ 
キャンティクラシコの中でも歴史のあるラッダ・イン・キャンティ地区
葡萄は サンジョベーゼ 100%
色は きれいなルビー!!粘性高め
香り バニラ、ロースト香、タバコ、赤黒い果実

やっぱおいしい、カステッロ・ディ・アーマ・・・(うっとり)
王道中の王道で、私がとやかく言うのも申し訳ない感じですが・・・。

そもそも「キャンティ」は『色がついているだけの安ワイン』というイメージだったらしい。
法律的にもリカーゾリ男爵の発案のまま、白ブドウのブレンドが義務化されていたし・・・。

そんな中、熟成できるワインを目指し、当時最先端だったフランスの技術を導入。
収量制限・クリュごとの収穫醸造など、大革新をやってのけた。

今では、キャンティにこの人アリ。

余韻もながいし、口の中がずっと美味しい 熟成にたえる骨格。
2000年はまだまだピチピチ!
熟した黒い果実、少しの熟成香。落ち着いてきているけどパワフル。そして、乱れないね・・・!

さすがカステッロ(城)の名を持ち、何度も戦火を経験して
それでもワインを作り続けている。この歴史の重み!
それを思うと美味しさもひとしおです。

いやいや、頭が下がります・・・!!
[PR]
# by karin_star_music | 2009-10-24 16:41 | ワイン・トスカーノ

今年もヤツがやってきた! アルバ産 白トリュフ

今年もやってきてしまいました!

そう、あいつが来たのです!

その名も アルバ産 白トリュフ・・・!!


アルバというのはイタリア ピエモンテ州にある地名。なんといってもトリュフで有名。

届いた箱をあけると・・・・・



おおおっっ・・・・・!!

c0221773_16581091.jpg


よくワインのテイスティングで 「トリュフのような香り」 っていうけど、
まさにこれ。揮発性有機物。

くらくら・・・・!!



今月はリゾットにして出すそうです。

おいしくて、倒れるんだろうなぁぁぁ・・・・・。
[PR]
# by karin_star_music | 2009-10-23 16:59 | スカッコマット的日常

はじめまして

こんにちは!はじめまして!
c0221773_164895.jpg

ついに 栃木県佐野市にあるTRATTORIA SCACCOMATTO公式ブログ 
「スカッコマット日和」始動です。

とはいえ、担当はシェフではなく
ホール担当 兼 新米マダム の私です・・・・・・。
(シェフファンの方、スミマセン)

まだまだ勉強中なので
まあ お店の情報(お休み等)がわかればいいわーーー 
くらいの気持ちで 御覧になってください。

毎日のコツコツ系活動について、皆様に代わって 取材いたします♪
[PR]
# by karin_star_music | 2009-10-22 16:49 | 私的日常