スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

自家製パンを焼く③

「アンチョビのパン」

そのかわいらしい外観で お客様を魅了する、 
アンチョビパンが 出来るまでを追いました!

その1: パン生地を伸ばす。
c0221773_16304423.jpg

そこに ペーストにしたアンチョビを 塗り・・・・

つづき
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-24 16:42 | スカッコマット的日常

ミモザ!!

スカッコマットのお花は ミラノコレクションばりに 季節を先取り!
今週は 「ミモザ」が 登場☆
c0221773_15325194.jpg
c0221773_1533181.jpg
黄色いボンボンがかわい~!

ミモザは イタリアでは 春を告げるお花。
3月8日の Festa della Donna(女性の日)では、
男性が 奥さんや恋人に ミモザの花を 贈るのがならわし。

そういえば 去年も シェフからもらいました!

夕べは このミモザの花のように かわいらしい女性が
結婚したての旦那様と共に 久々の来店!
私の心にも ミラノコレクションばりに 早目の春風が吹きました♪


おっと、「女性の日」の前に 来月はヴァレンタインじゃないですか・・・!!
スカッコマットでは 今年は何をやるのだろうか・・・?(他人事)

ってか、こんなに料理上手なシェフに
私は何をあげればいいのだろうか・・・??

手作りチョコは・・・・・・ちょっと自信ないぞ!!(なぜか強気)
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-23 15:51 | スカッコマット的日常

Sassaia 2007 / La Biancara

スカッコマット No.1 癒し系白ワイン
c0221773_14503125.jpg

ワイン: サッサイア
作り手: ラ・ビアンカーラ・ディ・アンジョリーノ・マウレ
場所: イタリア ヴェネト州の ソアヴェを作っているところの隣
ブドウ: ガルガネガ 85% トレッビアーノ 15%

「癒し系」とかって書いたら ラ・ビアンカーラ信仰の方に 怒られるかな・・・(汗)
私にとっては このワインは ほっ とできて 
そしてパワーがもらえるワイン。

つづき
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-22 15:37 | ワイン・ヴェネト

美味しいパスタを 見つけてしまった・・・・! FAELLAのVermicelli

シェフがまた 美味しいパスタを 見つけてしまった・・・!
c0221773_1639167.jpg

FAELLA(ファエッラ) という会社のパスタ。

シェフがイタリア修行時代に 近所の「エノテカ・イタリアーナ」というお店へ
お金があるときに こそこそ行って
ここのパスタを 購入していたそうです。
(イタリアでも FAELLAのパスタは 高級品!)

これを日本に輸入している代理店を シェフが発見。
で、早速手元に あるというわけ。


イタリアのものって 何でこんなに 見た目がかわいいのだろうか・・・!
「くち」 の部分も くるくるっとまるめて 金属で ばちっ っと留められていたり。
c0221773_1646204.jpg

裏には オーナーのおじいさん(93歳)の写真も・・・。
c0221773_165087.jpg

 
FAELLAのパスタは パスタ発祥の地 グラニャーノで作られています。
(分かるかな? 写真↓だと上から3行目に書いてある。)
c0221773_17382892.jpg

120年以上変わらない製法で作られているらしく、
パスタの乾燥も45℃以下で 1週間もかけて行われるそうです!

まかないでいただきましたが もちもち つるつる アルデンテ うまっ!!
乾麺部門 久々の感動! パスタの持っている旨みが強い。



「いーなー こんなパスタ 使いたいなーーーー。」 と、シェフ。

私のほうを チラッと見ながら  「でも 高いんだよなーーー。」

もう一度、 「使いたいなぁぁぁ~。」


2月の夜のメニューの FAELLA社のパスタが 
加わりそうな予感が ひしひしと します・・・・。
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-21 17:05 | スカッコマット的日常

自家農園便り②

今日は暦の上では 「大寒」 らしいですが、外はポカポカ。
なんだか 気持ちも穏やかになりますね。

自慢の自家農園は 冬野菜が旬を向かえています。
c0221773_14594182.jpg
わっさわっさ 大迫力の大根や
c0221773_15315659.jpg
きっちり外葉に守られた白菜。
中には色白・白菜さんが、みずみずしい肢体をかくしています。
c0221773_15322352.jpg
玉ねぎは ずらり 干され中。
干しておくと保存とともに 水分がぬけておいしくなるのです。

このほか根菜類は 土の中でゆっくり あまーく なっています!

「霜が降りると 根菜は甘くなる。」 と、
以前読んだ 精進料理の本に 書いてありました。
(お坊さんの言うことは なんとなく 説得力がある。)

自家農園は 無農薬・有機栽培。
シェフの両親が 管理しています。

去年植えたレモンの木のために 
なんでも 温室(?)も 建設したとか・・・・・。
そのうち 自家農園のレモン なるものも お出しできるかも!?
(実がなるのに 何年かかるのだろうか。 桃栗3年、柿8年、レモンは・・・・??)



関連する以前の記事
自家農園便り①
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-20 15:54 | 自家農園便り

Refosco 2007 / Le Vigne di Zamo

フリウリの 鉄の美女
c0221773_1624634.jpg

ワインの名前って、イタリアに限らず めんどくさいのが多い。 これもその一つ。

ワイン名は、正確には コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ・レフォスコ
作り手は レ・ヴィーニェ・ディ・ザモ
州も 正確には フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア
ブドウは レフォスコ100% 一番シンプルな名前だけど、マイナー・・・。 

まあ ワインは飲まなきゃ分からない! の実例です。

このワインを飲んだ、第一印象は・・
「おっと、とっつきにくいな。」 という感じでした。

つづき
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-17 16:23 | ワイン・フリウリ

小麦粉を使わないチョコレートケーキ

イチゴ姫に続き、チョコレート王子。
c0221773_15483841.jpg

ええ、私はチョコが好きですとも!

厨房で チョコレートを刻んでいる段階から 
鼓動は激しくなり、瞳孔は開き、はたまた 手は震えるのです!(アル中ではナイ。)

「チョコなら何でも来い!」 の私が、
運んでいる時に 羨望の眼差しを 送ってしまうのがこちら。

『小麦粉を使わない チョコレートケーキ』

スカッコマットにありがちな、「いつでもあるわけではない」 デザート。
これに廻り合えるのは ランチの日替りドルチェにて。
運命的にタイミングが合わないと ナカナカ食べられません・・・!

このケーキ、小麦粉を使っていないので しっとりとした 口当たり。
なめらかで 濃厚な チョコレートケーキは
チョコ好きには 兵器並みの威力を持ちます!


焼いているのを目撃したので そろそろランチメニューに出るのかどうかは
セコンド(2番手)シェフの気分次第なのであった・・・・・。




追記)
このケーキと、自家製のマシュマロと詰め合わせにして、
バレンタイン期間に販売することになりました!

すべて手作りの少数生産のため、お早目のご予約をお勧めいたします。
[PR]
# by karin_star_music | 2010-01-16 15:59 | スカッコマット的日常