スカッコマット 日和

picoten.exblog.jp
ブログトップ

San Valentino!

昨日は まさかの 『ホワイ・トバレンタインイヴ』 でしたね。
雪の中 来てくださった皆様、ありがとうございました!
c0221773_1603735.jpg

スカッコマットでは 昨日・今日と バレンタイン特別コース。
こういうイベントがあると ついつい 張り切ってしまう シェフの性格上、
なかなか 気合の入った 内容です(笑)
c0221773_1655511.jpg
最後のお茶菓子に イタリアのトリュフチョコも登場!
クリスマスの時に 好評だったもので、 「あの後、探しまわったけど見つからなかったの~。」
との 声を 寄せていただいていたので。

スイートなバレンタインには スイートなものが 必要ですよね!
(甘党な 私の 偏った力説。)

今宵もステキな夜に なりますように☆
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-14 16:14 | スカッコマット的日常

☆バレンタイン情報

■「小さなチョコケーキと 自家製マシュマロ」のセット
    ご好評につき 完売いたしました! ありがとうございました。

■バレンタインディナー お席の状況
   2月13日(土)  キャンセルが出た為、若干の余裕がございます。
              お電話にて お問い合わせください。

   2月14日(日)  早い時間は 予約で満席です。
              20:00以降に1席だけ ご案内できます。

   ☆バレンタインディナーについての詳細は こちら を御覧ください。
    素敵なバレンタインに なりますように♪
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-12 23:20 | スカッコマット的日常

手打ちパスタ: 栗粉のパッパルデッレ

2月13日・14日限定 『バレンタインディナー』 の為の準備で、 お店はなんだか 大忙し!
今日はバレンタインディナー用の 「栗粉のパッパルデッレ」 の紹介です。

栗粉とは その名の通り 栗の粉。
でも 日本ではなかなか手に入らず、結局 スカッコマットでは イタリアのものを使っています。
c0221773_14422246.jpg
栗坊やが キュートでしょ?
これを小麦粉と混ぜ合わせ 卵を投入!
c0221773_1443299.jpg
近所のたまご屋さんの 「寿宝卵」 を使用しています。
c0221773_14455365.jpg
今日は2人ともパスタを練っていました。
手前がセコンド。 バレンタインディナー用の別のパスタを練っています。
奥がシェフ。 パッパルデッレの生地を練りながら カメラに向かって セクシーポーズ!

平たく伸ばした生地を 2cmくらいの幅に切り分けて 完成!
c0221773_14501269.jpg
生地に練りこんだ 栗粉の甘さが おいしいんだぁー!
パッパルデッレは、イタリアのトスカーナのあたりで食べられているパスタで、
イタリア語の パッパーレ (pappare)=「豪快に食べる」「食いしん坊」  が語源らしい。

今回は 金華豚のラグーで お出しします♪
豪快に 食べちゃってください!


関連する過去の記事
手打ちパスタ: カヴァテッリ
手打ちパスタ: ラヴィオリ
手打ちパスタ: コルツェッティ
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-12 15:05 | スカッコマット的日常

Barbera Valtidone L'Attesa 1999 / Solenghi Gaetano

「力強い」 バルベーラの魅力
c0221773_15283771.jpg
ワイン: バルベーラ・ヴァルティーノ・ラッテーサ
作り手: ソレンギ・ガエターノ
地域: エミリア・ロマーニャ州
ブドウ: バルベーラ 100%

バルベーラというブドウは 酸味が特徴。 なので もしや 「薄すっぱい」 と思っている方も??
いやいや、いい作り手が手がけ、果実味とのバランスが取れると 素晴らしいワインになるのです!

このワイン かなり衝撃的でした!
まず、『濃い』、 すごく。
エキス分がたっぷり というと ワイン用語っぽいかな。

強い酸と それに負けない果実味。 そしてボディーもしっかり!
濃厚で 純粋な 「ソルダム」の味わい。
おっと、思い出しただけで ヨダレが・・・・!

ものすごいパワーと存在感に なんだか圧倒されてしまいます。
でも 次の一杯を誘う魅力も しっかりとある!

ヴィンテージは99年。
今飲んでも 十分美味しいけど、 もうちょっと熟成した姿も 見てみたいなぁ・・・、
と、贅沢な事を つい考えてしまいます。


力強いワインの美味しさに ガツン と 衝撃を受ける1本。
個人的には かなり 惚れてしまいマシタ!
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-11 16:01 | ワイン・エミリア・ロマーニャ

自家製生ハム

昨日はあたたかく 春のような陽気だったのに、 今日は一転 雨降りの水曜日ですね。

c0221773_15211349.jpgさてさて スカッコマットのセラーでは いつも何かしら「作って」 いますが、
今吊るされているのは・・・・

イノシシのモモ肉!(しかも爪付き)

国産天然イノシシで 自家製生ハムを 作成中。
これは時間がかかるので、お店に登場するのは 半年後か1年後か?

現在は おととし 作ったものを お出ししています。

よもや イノシシも 山で捕獲された上、
足を ワインセラーに吊るされるとは 思っていなかった事でしょう!

自然の恵み、ありがたく いただきます!



現在 シェフとセコンドは 2月13日・14日に実施する 『バレンタインディナー』 の打ち合わせ中。
c0221773_1529877.jpg

ステキな料理を 期待していてくださいね★
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-10 15:31 | スカッコマット的日常

ジャガイモとオリーヴ

今月の夜のメニューにある 「バッカラ(塩漬けの鱈)とジャガイモのマンテカート」。
『マンテカート』とは つぶして よく練って ピュレ状にしたものの事です。

このお料理の 付けあわせ (料理の横にちょこんと乗っかっているやつ) を
作っているところをキャッチしました!
c0221773_15422785.jpg
これが完成形。

どうやって作るかというと・・・
薄切りにしたジャガイモに 細かく切ったオリーヴを 一つ一つ載せます。
c0221773_1543263.jpg

これを 更に 別の薄切りのジャガイモで挟み
c0221773_15451379.jpg
オーヴンへGO!

で完成。

ぱりぱりの食感が楽しいが この労力は ハンパ無い・・・。
いつものことですが、「ご苦労様」 と思いながらも、
私は つい ぱりぱりと 食べてしまうのだった・・・!!
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-09 15:52 | スカッコマット的日常

組み合わせで 遊ぶ 

東京は 欲望の街・・・。 
というわけで ワインショップの 「チーズとワインのマリアージュ」 コーナーで 
まんまと ひっかかって参りました。

世界各地の ワインとチーズ。14種類のマリアージュの提案の中から 私が選んだのはこちら。

■チーズ:Crottin de Chavignol (クロタン・ド・シャヴィニョール) 
c0221773_15182249.jpg
フランス ロワール地方シャヴィニョールで作られる、シェーヴル(山羊のミルクを使った)チーズ

対するワインは・・・

■Petit Bourgeois Sauvignon Blanc (プティ・ブルジョワ ソーヴィ二ョン・ブラン) 2008
c0221773_15203984.jpg

作り手: Henri Bourgeois (アンリ・ブルジョワ)
ブドウ: ソーヴィニョン・ブラン
場所: フランス ロワール地方 サンセール の シャヴィニョール!

そうです。地域性での完璧なマリアージュ!!

チーズにある 草原のような爽やかな香りとポクポク感 (臭みはびっくりするくらい無かった!!) と
ソーヴィニョンブランの ハーヴィな香り に 無理のない自然な味わい。
うーん、さすがの組み合わせです。

両方買っても3,000円位。 
14種類もある中から 「どの組み合わせが いいかな。」と 思った時には既に
ワインショップの 術中に はまっている私なのであった・・・・。
[PR]
# by karin_star_music | 2010-02-09 15:38 | 私的日常